目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

同期タスクにおけるOracleソース

同期タスクにおけるOracleソース

同期
タスクでOracleソースを使用するよう設定する場合、単一のオブジェクト、複数の関連オブジェクト、保存済みクエリのいずれからもデータを読み取ることができます。複数のソースからデータを読み取るには、キーカラムに基づいてリレーションを定義するか、ユーザー定義の結合条件を作成する必要があります。パフォーマンスを最適化するには、
[データフィルタ]
タブでフィルタを設定します。リレーションがOracleで明示的に定義されているOracleオブジェクトを複数追加できます。
オブジェクト、フィールド、演算子を選択するデータフィルタを作成し、
同期
タスクの実行元に基づいてフィルタ値を入力することもできます。詳細フィルタを設定して、さらに複雑なフィルタ条件を定義すると、AND論理演算子またはOR論理演算子を使用して複数の条件を組み込むことができます。
次の表に、Oracleソースのプロパティを示します。
プロパティ
説明
接続
アクティブなソース接続の名前。
ソースタイプ
使用可能なソースオブジェクトのタイプ。ソースタイプには、次のいずれかを選択できます。
  • シングル
  • 複数
  • 保存済みクエリ
ソースオブジェクト
ソースオブジェクトの名前。
ソースフィールドをアルファベット順に表示
ソースフィールドをアルファベット順に表示します。デフォルトでは、ソースシステムによって返される順序でフィールドが表示されます。