目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

同期タスクでのOracleソースおよびターゲットの詳細プロパティ

同期タスクでのOracleソースおよびターゲットの詳細プロパティ

同期
タスクでOracleソースやターゲットを使用するよう設定する場合は、詳細プロパティを設定します。詳細プロパティは、
同期
タスクウィザードの
[スケジュール]
ページに表示されます。
次の表に、Oracleソースまたはターゲットに対して設定できる詳細プロパティを示します。
プロパティ
説明
前処理コマンド
同期
タスクの前に実行する前処理スクリプトを入力します。
後処理コマンド
同期
タスクの後に実行する後処理スクリプトを入力します。
パラメータファイル名
フィルタまたは式で使用されるパラメータを含むファイルの名前。
ログファイルの最大数
Secure Agentが生成するログファイルの最大数を入力します。その数までログファイルを生成できます。デフォルトは10です。