目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

プッシュダウンの最適化

プッシュダウンの最適化

Oracleソースからデータを読み取り、データを変換し、データをターゲットに書き込む際、プッシュダウンの最適化を設定すると、トランスフォーメーションロジックをソース/ターゲットデータベースシステムにプッシュすることができます。ソースとターゲットのデータベースが同じである場合は、完全なプッシュダウンの最適化を設定するとパフォーマンスを向上させることができます。
Secure Agentでプッシュダウンの最適化を適用する際には、トランスフォーメーションロジックをデータベースにプッシュします。Secure AgentはトランスフォーメーションロジックをSQLクエリに変換し、そのSQLクエリをデータベースに送信します。データベースでは、そのSQLクエリを実行してトランスフォーメーションを処理します。
プッシュダウンの最適化により、データベースでトランスフォーメーションロジックをSecure Agentより高速で処理すると、マッピングのパフォーマンスが向上します。また、Secure Agentでは、データベースから読み取るデータを削減します。
Secure Agentがデータベースにプッシュするトランスフォーメーションロジックの量は、データベース、トランスフォーメーションロジック、および
マッピング
タスクによって決まります。Secure Agentでは、データベースにプッシュできないすべてのトランスフォーメーションロジックが処理されます。
プッシュダウンの最適化をマッピングに設定すると、ソースからターゲットまで、またはソースデータベースにプッシュできないダウンストリームトランスフォーメーションに達するまで、最適化されたマッピングが分析されます。Secure Agentでは、トランスフォーメーションロジックがプッシュダウンされたソースごとに
SELECT
文を生成して実行します。次に、データ統合サービスはこのSQLクエリの結果が読み込み、マッピングの残りのトランスフォーメーションを処理します。
トランスフォーメーションロジックをデータベースにプッシュダウンする際は、クエリを高速に処理するのに十分なリソースがデータベースにあるようにします。そうしないと、パフォーマンスが低下することがあります。
Secure Agentでは、次のトランスフォーメーションロジックをOracleソースまたはターゲットにプッシュすることができます。
トランスフォーメーション
サポートされているプッシュダウンタイプ
Aggregator
ソース、完全
Expression
ソース、完全
フィルタ
ソース、完全
Joiner
ソース、完全
Sorter
ソース、完全
Union
ソース、完全
Router
Full