目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

クロススキーマプッシュダウンの最適化

クロススキーマプッシュダウンの最適化

マッピング
タスクでクロススキーマプッシュダウンの最適化を使用し、同じデータベース内にある異なるスキーマに関連付けられたOracleオブジェクトに対してデータを読み書きできます。
クロススキーマプッシュダウンの最適化を使用するには、2つのOracle接続を作成し、各接続にスキーマを指定します。ソース接続のスキーマとターゲット接続のスキーマがそれぞれ異なり、両方のスキーマが同じデータベースに属している必要があります。
マッピング
タスクでプッシュダウンの最適化を設定する場合は、詳細セッションプロパティでクロススキーマプッシュダウンの最適化を有効にします。デフォルトでは、このチェックボックスはオンです。