目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

クロススキーマ最適化の設定

クロススキーマ最適化の設定

Oracle
マッピング
タスクのクロススキーマプッシュダウン最適化を設定するには、次の手順を実行します。
  1. 次の2つのOracle接続を作成し、それぞれに異なるスキーマを定義します。
    1. Oracle接続
      orc_1
      を作成し、接続プロパティで
      CQA_SCHEMA1
      スキーマを指定します。
    2. Oracle接続
      orc_2
      を作成し、接続プロパティで
      CQA_SCHEMA2
      スキーマを指定します。
  2. Oracleマッピング
    m_Orc_pdo_acrossSchema
    を作成します。以下のタスクを実行します。
    1. CQA_SCHEMA1
      を使用してデータを読み取るには、ソーストランスフォーメーションを追加し、Oracleソースオブジェクトと接続
      orc1
      を含めます。
    2. CQA_SCHEMA2
      を使用してデータを書き込むには、ターゲットトランスフォーメーションを追加し、Oracleターゲットオブジェクトと接続
      orc2
      を含めます。
  3. Oracle
    マッピング
    タスクを作成し、次のタスクを実行します。
    1. 設定したOracleマッピング
      m_Orc_pdo_acrossSchema
      を選択します。
    2. [スケジュール]
      タブの
      [プッシュダウンの最適化]
      セクションで、プッシュダウンの最適化値を
      [全体]
      に設定します。
    3. [詳細セッションプロパティ]
      セクションで、
      [クロススキーマプッシュダウンの最適化の有効化]
      チェックボックスを選択します。
      次の図に、設定した
      [クロススキーマプッシュダウンの最適化の有効化]
      プロパティを示します。
      [スケジュール]タブには、[詳細セッションプロパティ]セクションに設定済みの[クロススキーマプッシュダウンの最適化の有効化]プロパティが表示されます。
    4. タスクを保存し、
      [終了]
      をクリックします。
    マッピング
    タスクを実行すると、Secure Agentは、
    CQA_SCHEMA1
    スキーマに関連付けられたOracleソースオブジェクトからデータを読み取り、
    CQA_SCHEMA2
    スキーマに関連付けられたOracleターゲットオブジェクトにデータを書き込みます。