目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

ソースプッシュダウン

ソースプッシュダウン

プッシュダウンの最適化をマッピングに設定すると、Secure Agentによって、ソースからターゲットまで、またはソースデータベースにプッシュできないダウンストリームトランスフォーメーションに達するまで、最適化されたマッピングが分析されます。
Secure Agentでは、データベースにプッシュできるトランスフォーメーションごとのトランスフォーメーションロジックに基づいて、
SELECT
文が生成、実行されます。次に、統合サービスではこのSQLクエリの結果が読み込まれ、残りのトランスフォーメーションが処理されます。
ソースとターゲットが異なるデータベースに存在している場合、ソースプッシュダウンを使用するようにマッピングを設定できます。例えば、マッピングにOarcleソースとOracleターゲットが含まれている場合、ソースプッシュダウンを設定して、処理する一部のトランスフォーメーションロジックをOarcleソースにプッシュできます。