目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

マッピングでのOracleソース

マッピングでのOracleソース

Oracleデータベースからデータを読み取るには、Oracleオブジェクトをマッピング内のソーストランスフォーメーションとして設定します。
Mapping Designerのソーストランスフォーメーションを設定して
マッピング
タスクのパフォーマンスを最適化する場合は、パーティション化を有効にします。
Oracleソースの名前と説明を指定します。ソースオブジェクトのソース、クエリオプション、および詳細プロパティを設定します。
次の表に、Oracleソースに対して設定できるプロパティを示します。
プロパティ
説明
接続
ソース接続の名前。
既存の接続を選択するか、新しい接続を作成します。または、ソース接続プロパティのパラメータ値を定義することもできます。
実行時にソース接続プロパティを上書きする場合は、
[実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
オプションを選択します。
詳細セッションプロパティで、パラメータファイルのディレクトリと名前を指定します。
ソースタイプ
使用可能なOracleソースオブジェクトのタイプ。ソースタイプには、次のいずれかを選択できます。
  • シングル
  • 複数
  • クエリ
  • パラメータ
パラメータ
タスクを編集せずに更新する値を定義するパラメータファイル。
ソースオブジェクトの既存のパラメータを選択するか、
[新しいパラメータ]
をクリックしてソースオブジェクトの新しいパラメータを定義します。
パラメータをソースタイプとして選択する場合にのみ、
[パラメータ]
プロパティが表示されます。
実行時にパラメータをオーバーライドする場合は、
[実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
オプションを選択します。
タスクの実行時に、Secure Agentは詳細セッションプロパティで指定されているファイルのパラメータを使用します。
オブジェクト
マッピングのソースオブジェクトの名前。
ソースオブジェクトに対してカスタムクエリを指定できます。
フィルタ
簡易フィルタまたは詳細フィルタを設定し、ソースの行を削除します。データフローの初期段階でフィルタリングを行うことによって効率を上げることができます。
簡易フィルタには、フィールド名、演算子、値が含まれます。詳細フィルタを使用するとより複合フィルタ条件を定義できます。例えば、AND論理演算子またはOR論理演算子を使用して、複数の条件を組み込むことができます。
ソート
使用するフィールドとソートのタイプを選択します。パラメータ化されたソースのデータをソートするには、ソートオプションにパラメータを使用する必要があります。
重複しない行のみを選択
重複しない行のみを読み取るには、このオプションを選択します。
次の表に、Oracleソースに対して設定できる詳細プロパティを示します。
詳細プロパティ
説明
トレースレベル
このトランスフォーメーションのログに表示される情報の詳細度。[簡易]、[通常]、[詳細 - 初期化]、[詳細 - データ]から選択できます。デフォルトは[通常]です。
Pre SQL
ソースからデータを読み取る前に実行する必要があるPre-SQLコマンド。
Post SQL
ソースからデータを読み取った後に実行する必要があるPost-SQLコマンド。
出力が確定的かどうか
入力データがセッション間で一貫しているときに、セッション間で変わらないリレーショナルソースまたはトランスフォーメーション出力。
このプロパティを設定するときに、パイプラインのトランスフォーメーションが常に再現可能なデータを生成する場合は、Secure Agentはリカバリのためにソースデータをステージングしません。
出力は再現可能
セッションの実行間で入力データの順序が同じ場合に、リレーショナルソースまたはトランスフォーメーション出力の順序が変わらないケースで選択します。
出力が決定的で繰り返し可能な場合、Secure Agentはリカバリのためにソースデータをステージングしません。
SQLオーバーライド
指定されたソースタイプから生成されたデフォルトのクエリをオーバーライドして、Oracleソースからデータを読み取るSQL文。