目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

マッピングでのOracleルックアップ

マッピングでのOracleルックアップ

Oracle接続を使用してオブジェクトのルックアップを作成できます。指定したルックアップ条件に基づいて、Oracleルックアップオブジェクトからデータを取得できます。
Oracleでのルックアップの設定時に、ルックアップ接続とルックアップオブジェクトを選択します。
次の表に、ルックアップトランスフォーメーションで設定できるOracleルックアップオブジェクトのプロパティを示します。
プロパティ
説明
接続
ルックアップ接続の名前。
既存の接続を選択するか、新規接続を作成します。または、ルックアップ接続プロパティのパラメータ値を定義することもできます。
実行時にルックアップ接続プロパティをオーバーライドする場合は、
[実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
オプションを選択します。
詳細セッションプロパティで、パラメータファイルのディレクトリと名前を指定します。
ソースタイプ
使用可能なOracleルックアップオブジェクトのタイプ。
次のいずれかのルックアップオブジェクトタイプを選択します。
  • 単一オブジェクト
  • クエリ
  • パラメータ
ルックアップソースが大きい場合は、カスタムクエリを使用して、クエリするカラムの数を減らすことができます。
Parameter(パラメータ)
タスクを編集せずに更新する値を定義するパラメータファイル。
ルックアップオブジェクトに既存のパラメータを選択するか、
[新しいパラメータ]
をクリックしてルックアップオブジェクトに新しいパラメータを定義します。
パラメータをソースタイプとして選択する場合にのみ、
[パラメータ]
プロパティが表示されます。
実行時にパラメータをオーバーライドする場合は、
[実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
オプションを選択します。
タスクの実行時に、Secure Agentは詳細セッションプロパティで指定されているファイルのパラメータを使用します。
ルックアップオブジェクト
Oracleルックアップオブジェクトの名前。
複数一致
ルックアップ条件によって複数の一致が返された場合の動作。
以下のいずれかのオプションを選択することができます。
  • 最初の行を返す
  • 最後の行を返す
  • 任意の行を返す
  • すべての行を返す
  • エラーを報告
SQLオーバーライド
Oracleソースからルックアップデータを作成するデフォルトのクエリをオーバーライドするSQL文。