目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

マッピングでのOracleターゲット

マッピングでのOracleターゲット

Oracleターゲットにデータを書き込むには、Oracleオブジェクトをマッピング内のターゲットトランスフォーメーションとして設定します。Oracleターゲットの名前と説明を指定します。ターゲットオブジェクトのターゲットプロパティと詳細プロパティを設定します。
次の表に、Oracleターゲットに対して設定できるプロパティを示します。
プロパティ
説明
接続
ターゲット接続の名前。
既存の接続を選択するか、新しい接続を作成します。または、ターゲット接続プロパティのパラメータ値を定義することもできます。
実行時にターゲット接続プロパティを上書きする場合は、
[実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
オプションを選択します。
ターゲットタイプ
使用可能なOracleターゲットオブジェクトのタイプ。ターゲットタイプには、次のいずれかを選択できます。
  • シングル
  • パラメータ
パラメータ
タスクを編集せずに更新する値を定義するパラメータファイル。
ターゲットオブジェクトの既存のパラメータを選択するか、
[新しいパラメータ]
をクリックしてターゲットオブジェクトの新しいパラメータを定義します。
ターゲットタイプとして[パラメータ]を選択する場合にのみ
[パラメータ]
プロパティが表示されます。
実行時にターゲットオブジェクトを上書きする場合は、
[実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
オプションを選択します。
タスクの実行時に、Secure Agentは詳細セッションプロパティで指定されているファイルのパラメータを使用します。
オブジェクト
リストから既存のオブジェクトを選択するか、実行時にターゲットを作成できます。
操作
ターゲット操作を選択します。Oracleターゲットに対して、次の操作を実行することができます。
  • 挿入
  • 更新
  • 更新/挿入
  • 削除
  • Data Driven
ターゲットのトランケート
[ターゲットのトランケート]
オプションを有効化すると、Secure Agentではテーブルをトランケートします。デフォルトはfalseです。
ターゲットのバルクロードの有効化
Oracle Bulk APIを使用してデータをバルクモードで挿入します。
マッピング
タスクを作成するときに、Oracle Bulk APIを使用して挿入操作を実行できます。
Pre SQL
データをターゲットに書き込む前にターゲットデータベースに対して実行するPre SQLコマンドです。
Post SQL
データをターゲットに書き込んだ後にターゲットデータベースに対して実行するPost SQLコマンドです。
更新オーバーライド
Oracleターゲットテーブルのデータを更新する更新SQLステートメント。
指定した更新SQLステートメントによって、Secure Agentがキーカラムに基づいてターゲットを更新するために生成するデフォルトの更新ステートメントをオーバーライドします。更新オーバーライドステートメントを定義して、キーカラムまたは非キーカラムに基づいてターゲットテーブルを更新できます。SQLトランスフォーメーションで更新SQLステートメントを検証することはできません。
オーバーライドステートメントでは、すべての予約語を引用符で囲む必要があります。
[拒否された行の転送]
オプションを選択した場合、Secure Agentは拒否された行にフラグを設定し、拒否ファイルに書き込みます。
[拒否された行の転送]
を選択しなかった場合、Secure Agentは拒否された行を削除してセッションログファイルに書き込みます。Secure Agentは拒否された行を拒否ファイルに書き込みません。
データをバルクモードでOracleターゲットに書き込むタスクを実行する際にエラー行がある場合、Secure Agentでは、ノーマルモードでエラー行を含むバッチを書き込みます。