目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

データ型のルールとガイドライン

データ型のルールとガイドライン

特定のOracleデータ型については、次のルールおよびガイドラインを考慮してください。
  • ClobおよびBlobデータ型の読み取りまたは書き込みのデフォルトの精度は32,000です。精度が32,000を超えるBlobまたはClobデータ型のデータを読み取るか書き込むようにマッピングを設定する場合、必要に応じてマッピング内のこれらのデータ型の精度を手動で増やす必要があります。
  • ClobおよびBlobデータ型を含むデータを読み書きする場合、行サイズが100 MBを超えないようにしてください。
  • 行サイズが100 MBを超えるClobおよびBlobデータ型を読み書きするSQLトランスフォーメーションを使用しないでください。
  • 保存されたクエリを同期タスクで実行する場合、ClobおよびBlobデータ型の精度が100 MB未満であることを確認してください。
  • OracleソースをSalesforceターゲットとともに使用する場合、ソースにNumberデータ型のフィールドが含まれている場合は、フィールドのタイプをNumericに変更します。Numberデータ型のフィールドの値はSalesforceでは正しくロードされません。
    [フィールドマッピング]
    ページでタイプを変更できます。Numberデータ型のフィールドが多数ある場合は、Secure Agentのカスタムプロパティ
    oracle.use.varchar.for.number
    を追加します。