目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

レプリケーションタスクでのOracleターゲット

レプリケーションタスクでのOracleターゲット

データベースターゲットにデータをレプリケートする場合、ソースオブジェクトの名前が30文字を超えている際には、
レプリケーション
タスクがターゲットデータベース上のテーブル名を切り詰めます。
次の表に、
レプリケーション
タスクのOracleターゲットのプロパティを示します。
プロパティ
説明
接続
ターゲット接続の名前。ターゲット接続を選択するか、新しい接続を作成します。
ターゲットのプレフィックス
ターゲット内のターゲットオブジェクトの名前を作成するためにソースオブジェクト名に追加するプレフィックスの文字列。
詳細については、「タスク」のヘルプの「
テーブル名の切り詰め
」を参照してください。
ターゲットのバルクロードの有効化
Oracle Bulk APIを使用してデータをバルクモードでレプリケートします。
ロードタイプ
Oracleからその他のアプリケーションにデータの完全ロードをレプリケートします。
オプションの削除
該当なし。
コミットサイズ
すべての実行に対する
レプリケーション
タスクに使用されます。コミットする行の数を定義します。値を指定しない場合、Secure Agentはデフォルト値の10000を使用します。