目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

トラストストアへのサーバー証明書の追加

トラストストアへのサーバー証明書の追加

サーバー証明書をクライアントのトラストストアに追加して、安全なOracle接続を確立します。
  1. 次のkeytoolコマンドを使用して、サーバー証明書をクライアントのトラストストアに追加します。
    keytool -import -trustcacerts -alias ca -file <server certificate with path> -keystore <name of truststore to be generated with extension> -storepass <password for truststore> -storetype <store type>
    例として、
    C:\SSL\oracle
    にサーバー証明書
    oratls_server.cert
    があるとします。
    次のコマンドを実行して、トラストストア
    truststore.jks
    をトラストパスワード「password」で作成します。
    C:\SSL\oracle> keytool -import -trustcacerts -alias ca -file oratls_server.cert -keystore truststore.jks -storepass password -storetype JKS
    次のコマンドを実行して、PKCS12トラストストア
    truststore.p12
    をトラストストアパスワード「password」で作成します。
    C:\SSL\oracle> keytool -import -trustcacerts -alias ca -file oratls_server.cert -keystore truststore.p12 -storepass password -storetype PKCS12