目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

Oracleコネクタの概要

Oracleコネクタの概要

Oracleコネクタを使用すると、
データ統合
からOracleデータベースに接続できます。Oracleコネクタを使用して、Oracleデータベースに対するデータの読み取りまたは書き込みを行います。Oracleコネクタを使用すると、Oracle Database Cloud Serviceや、Advanced Securityが有効になっているOracleデータベースに対してデータを読み書きすることもできます。
Oracle接続は、Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudに対して読み書きを行うためにも使用できます。
Oracleオブジェクトは、
同期
タスク、マッピング、
マッピング
タスク、
レプリケーション
タスク、およびPowerCenterタスクでソースおよびターゲットとして使用できます。
SSL認証を設定すると、Oracleサーバーとのセキュアな一方向または双方向通信を確立できます。Hosted Agentを使用している場合は、SSL認証を設定できません。
Oracleコネクタを使用してOracleデータベースに書き込む際、レコードを作成、更新、または削除できます。
同期
タスク、マッピング、または
マッピング
タスクを作成する際、Oracle bulk APIを使用すると挿入操作を実行できます。