目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

タスクでのOracleソースとターゲットのルールおよびガイドライン

タスクでのOracleソースとターゲットのルールおよびガイドライン

タスクでのOracleソースとターゲットについては、次のルールおよびガイドラインに従います。
  • データベーステーブル、シノニム、またはビューをソースおよびターゲットとして使用できます。
  • Oracleデータベースからデータを読み取る保存済みクエリを作成する際は、SQL文末尾のセミコロンを省略する必要があります。
  • SQLコマンド
    select * from <TABLE_NAME>
    を保存済みクエリで使用することはできません。明示的なカラムリストを入力する必要があります。
  • データをバルクモードでOracleターゲットに書き込むタスクを実行する際にエラー行がある場合、Secure Agentでは、ノーマルモードでエラー行を含むバッチを書き込みます。
  • Oracleターゲットテーブル名に大文字と小文字が混在したIDが含まれていないことを確認します。
  • マッピングタスクを実行してターゲットを作成すると、実行時にターゲットが正常に作成されます。作成されたターゲットテーブルを削除してタスクを再度実行すると、タスクが失敗します。
  • ソース変換とターゲット変換のカラム名にハイフンを含むオブジェクトを追加する場合は、次のルールとガイドラインを考慮してください。
    • 読み取ったソースのカラム名にハイフンが含まれている場合、
      [実行時に新規作成]
      オプションを選択してターゲットを作成すると、ターゲットカラムでテーブル名のハイフンがアンダースコアに変換されます。
    • 既存のマッピングのオブジェクトに新しいカラムを追加し、カラム名にハイフンが含まれている場合、これらの列を手動でマッピングに追加することはサポートされていません。
    • ターゲットオブジェクトをパラメータ化する場合、
      [フィールドマッピング]
      タブの手動フィールドマッピングオプションは適用されません。マッピングを正常に機能させるには、フィールドマップオプションとして[自動]、[すべてパラメータを使用します]、または[部分的にパラメータを使用します]を選択する必要があります。