目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

Oracleサポートされているオブジェクトおよびタスク操作

Oracleサポートされているオブジェクトおよびタスク操作

次の表に、Oracleコネクタでサポートされるタスクとオブジェクトの種類を一覧表示します。
タスクタイプ
ソース
ターゲット
ルックアップ
同期
はい
マッピング
はい
レプリケーション
はい
動的マッピング
はい
データ転送
はい
PowerCenter
はい
OracleターゲットにはNCharカラムおよびNvarchar2カラムを含めないでください。ODBCドライバの制限により、PowerCenterタスクはNCharデータおよびNvarchar2データをOracleターゲットに書き込む前に、そのデータの後半をトランケートします。PowerCenterタスクの詳細については、「タスク」のヘルプを参照してください。
動的マッピング
タスクと
データ転送
タスクの設定に関する詳細については、データ統合のヘルプにある「
タスク
データ統合
」を参照してください