目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

データカタログ検出

データカタログ検出

組織でEnterprise Data Catalogを使用していて、適切なライセンスがある場合、データカタログに対して検索を実行して、カタログアセットを検出できます。検出したアセットは、マッピングのソース、ターゲット、ルックアップオブジェクトとして使用できるほか、
同期
および
ファイル取り込み
タスクのソースとしても使用できます。
データカタログ検出を使用して、以下のタイプの
データ統合
アセットで使用できるカタログでオブジェクトを検索します。
  • マッピング。新しいマッピングまたは
    データ統合
    で現在開いているマッピングでソース、ターゲット、またはルックアップオブジェクトとして使用するテーブル、ビュー、および区切り記号付きフラットファイルを検出します。
  • エラスティックマッピング
    。適切なライセンスを所持している場合は、新しい
    エラスティックマッピング
    または
    データ統合
    で現在開いている
    エラスティックマッピング
    でソース、ターゲット、またはルックアップオブジェクトとして使用して、Amazon S3およびAmazon Redshiftオブジェクトを検出できます。
  • 同期タスク。新しい同期タスクでソースとして使用するテーブル、ビュー、および区切り記号付きフラットファイルを検出します。
  • ファイル取り込み
    タスク。Amazon S3、Microsoft Azure Blob Storage、およびHadoopファイルオブジェクトを検出して、
    ファイル取り込み
    タスクのソースとして使用できます。
データカタログ検出を使用する前に、組織の管理者は、
管理者
[組織]
ページで、Enterprise Data Catalogの統合プロパティを設定する必要があります。Enterprise Data Catalogの統合プロパティの設定に関する詳細については、
管理者
ヘルプを参照してください。