目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングタスクでの入出力パラメータの編集

マッピング
タスクでの入出力パラメータの編集

入出力パラメータは、マッピング内の値のプレースホルダです。実行時に適用する値がタスクにより決定されます。ユーザーはマッピング内の入出力パラメータを設定して、
マッピング
タスクで値を編集できます。
入出力パラメータを含むマッピングをデプロイする場合、パラメータ値は実行時にパラメータの保持ポリシーに基づいて設定されます。
マッピング
タスクは、デフォルトで、最後のセッション中に設定された値を保持します。必要に応じて、
マッピング
タスクの値をリセットできます。
マッピング
タスクウィザードから、入出力パラメータに対して次のアクションを実行できます。
  • マッピング内のすべての入出力パラメータの値を表示します。この値はタスクを実行するたびに変化する可能性があります。
  • 設定をデフォルト値にリセットします。
    [更新]
    をクリックして、1つのパラメータをリセットします。すべてのパラメータをリセットするには、
    [すべて更新]
    をクリックします。
  • 特定の構成の詳細を編集または変更します。
    [編集]
    をクリックします。
例えば次の図は、「Timestamp」パラメータの構成の詳細と、最後のセッションの終了時の値を示しています。
マッピングタスクウィザードは、入出力パラメータを表示します。

ジョブの詳細での入出力パラメータの表示

タスクの実行後に、入出力パラメータの値を検索するには、ジョブの詳細を表示します。ジョブの詳細を表示するには、
モニタ
を開いて
[すべてのジョブ]
を選択するか、
データ統合
を開いて
[マイジョブ]
を選択します。次に、ジョブ名をクリックします。
次の図は、
マッピング
タスクの最後の実行時に設定された、指定したパラメータの現在の値を含む、利用可能な詳細の例を示しています。
ジョブの詳細の下部にある[入出力パラメータ]領域には、マッピング内の各入出力パラメータの値が表示されます。
入出力パラメータは、各パラメータに設定した保持ポリシーに基づいて、ジョブの詳細に表示されます。