目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

式変数としての入出力パラメータの使用

式変数としての入出力パラメータの使用

エラスティックマッピング以外では、式のプレースホルダとして入出力パラメータを使用できます。入出力パラメータを式として使用するには、文字列パラメータを作成し、
[式の変数です]
オプションを有効にします。エラスティックマッピングでは入出力パラメータを式として使用することはできません。
このオプションを有効にすると、
データ統合
はパラメータを式として解決します。このオプションを無効にすると、データ統合はパラメータをリテラル文字列として解決します。
次のトランスフォーメーションでは、入出力パラメータを式の変数として使用できます。
  • フィルタ
  • アグリゲータ
  • Router
実行時に、パラメータファイルで指定した値でパラメータを上書きできます。
  1. マッピングで、入出力パラメータを作成します。
  2. パラメータのプロパティを設定します。
  3. データ型を文字列またはテキストに設定します。
  4. [式の変数です]
    オプションを有効にします。
  5. パラメータを式として使用します。
  6. 必要に応じて、次のいずれかの場所でパラメータのデフォルト値を上書きできます。
    • タスクの
      [入出力パラメータ]
      タブ。
    • パラメータファイル内。タスクの
      [スケジュール]
      タブでパラメータファイルの名前と場所を入力します。
タスクを実行すると、
データ統合
はパラメータを式として解決します。