目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

パラメータファイル

パラメータファイル

パラメータファイルとは、ユーザー定義パラメータ、およびそれらに関連する値のリストです。
パラメータファイルを使用して、タスクを編集せずに更新する値を定義します。タスクで値を更新するのではなくパラメータファイルで値を更新します。パラメータ値はタスクが実行されるときに適用されます。
次のタスクでは、パラメータファイルを使用してパラメータ値を定義できます。
マッピング
タスク
次のトランスフォーメーションでは、接続のパラメータ値を定義します。
  • ソース
  • ターゲット
  • ルックアップ
  • SQL
次のトランスフォーメーションでは、オブジェクトのパラメータ値を定義します。
  • ソース
  • ターゲット
  • ルックアップ
また、データフィルタ、式、およびルックアップ式のパラメータの値を定義します。
すべてのコネクタがパラメータファイルをサポートしているわけではありません。コネクタが接続とデータオブジェクトの実行時オーバーライドをサポートするかどうかを確認するには、適切なコネクタのヘルプを参照してください。
同期
タスク
データフィルタ、式、およびルックアップ式のパラメータの値を定義します。
PowerCenterタスク
データフィルタ、式、およびルックアップ式のパラメータと変数の値を定義します。
マッピングタスクが
エラスティックマッピング
に基づいている場合、パラメータファイルを使用できません。
タスクの設定時にパラメータファイル名と場所を入力します。