目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

パラメータファイルによるデータオブジェクトの上書き

パラメータファイルによるデータオブジェクトの上書き

マッピングでデータオブジェクトパラメータを使用していた場合、実行時に
マッピング
タスクで定義されているオブジェクトをパラメータファイルで指定した値で上書きできます。
複数のリレーショナルオブジェクトまたはファイルリストから読み取る場合、ソースオブジェクトを上書きすることはできません。実行時にターゲットを作成した場合、ターゲットオブジェクトを上書きすることはできません。
パラメータファイルでオブジェクトパラメータを定義する場合は、ファイル内のパラメータにマッピングタスクのデフォルトパラメータと同じメタデータが必要です。例えば、ソースオブジェクトACCOUNTをEMEA_ACCOUNTで上書きする場合は、両方のオブジェクトに同じフィールドと各フィールドの同じデータ型が含まれている必要があります。
  1. マッピングで、入力パラメータを作成します。
    1. パラメータのタイプの
      [データオブジェクト]
      を選択します。
    2. [実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
      を選択します。
  2. マッピングで、上書きするオブジェクトのオブジェクトパラメータを使用します。
  3. マッピングタスクで、パラメータの詳細を次のように定義します。
    1. タイプを
      [シングル]
      に設定します。
    2. デフォルトデータオブジェクトを選択します。
    3. [スケジュール]
      タブで、パラメータファイルのディレクトリとファイル名を入力します。
  4. パラメータファイルで、実行時に使用するオブジェクトを指定します。
    パラメータ名の前に2個のドル記号($$)を付けます。例えば、ObjParam1という名前のパラメータがあり、これをデータオブジェクトSourceTableで上書きするとします。ランタイム値を次の形式を使用して定義します。
    $$ObjParam1=SourceTable
  5. オブジェクトを変更する場合は、パラメータファイルのパラメータ値を更新します。