目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

ソースクエリの上書き

ソースクエリの上書き

マッピングでソースクエリまたはフィルタ条件 を使用していた場合、
マッピング
タスクで指定されている値をパラメータファイルで指定した値で上書きできます。リレーショナルデータベース接続とODBCデータベース接続のソースクエリをオーバーライドできます。
SQLクエリを定義する場合は、上書きされたクエリ内のフィールドがデフォルトのクエリ内のフィールドと同じである必要があります。パラメータファイル内のクエリが不足している場合または無効の場合、タスクは失敗します。
パラメータファイルでフィルタ条件パラメータが未解決の場合、
データ統合
はパラメータをフィルタ値として使用し、タスクはゼロ行を返します。
  1. マッピングで、データオブジェクトパラメータを作成します。
  2. [実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
    を選択します。
  3. パラメータをソースオブジェクトとして使用します。
  4. マッピングタスクで、
    [ソース]
    タブの
    [クエリ]
    をソースタイプとして選択します。
  5. デフォルトカスタムクエリを入力します。
  6. [スケジュール]
    タブで、パラメータファイル名と場所を入力します。
  7. パラメータファイルで、タスクの実行時に使用する値を入力します。
  8. クエリを変更する場合は、パラメータファイルのパラメータ値を更新します。