目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

パラメータファイルによる接続の上書き

パラメータファイルによる接続の上書き

マッピングで接続パラメータを使用していた場合、実行時に
マッピング
タスクで定義されている接続をパラメータファイルで指定した値で上書きできます。
パラメータファイルで接続の値を定義する場合は、接続タイプをマッピングタスクのデフォルトの接続タイプと同じにする必要があります。例えば、フラットファイル接続パラメータを作成してマッピングでソース接続として使用するとします。
マッピング
タスクで、フラットファイルのデフォルトの接続を指定します。パラメータファイルでは、接続をフラットファイルの接続でオーバーライドのみできます。
パラメータを使用してFTP接続を上書きする場合、ファイルローカルディレクトリを同じにする必要があります。
パラメータファイルを使用して、FTP/SFTP接続でルックアップを上書きすることはできません。
一部のコネクタは、キャッシュ済みのルックアップのみをサポートします。コネクタがサポートするルックアップのタイプを確認するには、適切なコネクタのヘルプを参照してください。
  1. マッピングで、入力パラメータを作成します。
    1. パラメータのタイプに
      [接続]
      を選択します。
    2. [実行時にパラメータのオーバーライドを許可する]
      を選択します。
  2. マッピングで、上書きする接続としてパラメータを使用します。
  3. マッピングタスクで、パラメータの詳細を次のように定義します。
    1. デフォルトの接続を選択します。
    2. [スケジュール]
      タブで、パラメータファイルのディレクトリとパラメータファイル名を入力します。
  4. パラメータファイルで、実行時に使用する値で接続パラメータを定義します。
    パラメータ名の前に2個のドル記号($$)を付けます。例えば、ConParamという名前のパラメータがあり、これを接続OracleCon1で上書きするとします。ランタイム値を次の形式を使用して定義します。
    $$ConParam=OracleCon1
  5. 接続を変更する場合は、パラメータファイルのパラメータ値を更新します。