目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

入力パラメータを使用した部分的なパラメータ化

入力パラメータを使用した部分的なパラメータ化

ユーザーが実行時に入力パラメータに基づいてフィールドのいずれかを選択できるようにするために、マッピングで部分的なパラメータ化を実装できます。部分的なパラメータ化を使用して、増分データ読み込みやその他のソリューション用のテンプレートを作成します。
例えば、ソースフィルタを完全にパラメータ化する場合、次の例のようなクエリを含める必要があります。
lastmodified_date > $$myvar
一方、フィルタを部分的にパラメータ化する場合は、次の例に示すように、フィールドを変数として指定できます。
$field$ > $$myvar
この場合、ユーザーは
マッピング
タスクで必要なフィールドを選択できます。
部分的なパラメータ化を実装するには、データベース接続タイプと、ソーストランスフォーメーションの詳細フィルタまたはフィルタ、式ルータ、アグリゲータのトランスフォーメーションを使用している必要があります。いずれかのフィールドに対して入力パラメータを作成すると、ユーザーは完全なクエリを記述する代わりに、
マッピング
タスクの特定のフィールドを選択できるようになります。有効なタイプは、「文字列」または「フィールド」のみです。
サポートされているすべてのトランスフォーメーションで同じパラメータを使用できます。
次の例では、フィルタ条件でフィールド名にパラメータが使用されています。
この例では、フィールド名がパラメータ化された高度なフィルタ条件「city = $PARAM_FIELD$」を示しています。

部分的なパラメータ化のルールとガイドライン

部分的なパラメータ化を構成する場合は、次の規則とガイドラインに注意してください。
  • ソーストランスフォーメーションの詳細フィルタでフィールドタイプのパラメータを定義した場合、ルータ、フィルタ、式、またはアグリゲータなどのそれ以降のトランスフォーメーションで、そのパラメータを再利用できます。他のトランスフォーメーションでは、フィールドタイプのパラメータを直接使用することはできません。
  • 入出力パラメータ(
    $$myVar
    )からの部分パラメータ化に使用されるパラメータを区別するには、式マクロなどのパラメータを
    $<Parameter_Name>$
    などのように表します。
  • オブジェクトが複数含まれるソーストランスフォーメーションでフィールドタイプのパラメータを使用する場合は、パラメータにオブジェクト名を付加します。マッピングのオブジェクト名を使用するか、または文字列型のパラメータを使用して、
    マッピング
    タスクでこれを設定します。
  • 部分的なパラメータ化では、パラメータファイルを介して値を渡すことはできません。
  • 部分的なパラメータ化を使用する式では、ユーザー定義関数は使用できません。例えば、下記の式は有効ではありません。
    concat($Field$,:UDF.RemoveSpaces(NAME))