目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングでのパラメータの使用

マッピングでのパラメータの使用

マッピングでパラメータを使用する場合、
マッピング
タスクを実行するたびごとにパラメータ値を変更できます。パラメータ値は、
マッピング
タスクまたはパラメータファイルで指定します。
マッピングでパラメータを使用する場合は、次のガイドラインを使用します。
ソースパラメータを含むマッピングを作成する場合は、マッピングを設定した後にパラメータを追加します。
例えば、異なるデータベースに複数の顧客アカウントテーブルがあり、月次レポートを実行して特定の状態にある顧客を表示するとします。マッピングを作成する場合は、ソース接続、ソースオブジェクト、および状態のパラメータを使用します。タスクの設定時に、実行時に使用するパラメータ値を更新します。
マッピングを設定するには、以下の手順を実行します。
  1. マッピングで、ソーストランスフォーメーションを選択します。
  2. [ソース]
    タブで、使用するオブジェクトのいずれかが含まれる接続を選択して、ソースオブジェクトを選択します。
    マッピングの設定後に、ソース接続とオブジェクトをパラメータに置き換えます。ソース接続がパラメータの場合は、ソースオブジェクトを選択できません。ダウンストリームデータを設定できるようにするために、ソースオブジェクトを追加します。
  3. フィルタトランスフォーメーションを追加します。
  4. [フィルタ]
    タブでフィルタ条件を追加します。フィールド名に[状態]を選択し、値に対して新しい文字列パラメータを作成します。タスクを設定するときに、パラメータを解決します。
  5. ターゲットトランスフォーメーションを設定します。
  6. ソーストランスフォーメーションを選択します。
  7. [ソース]
    タブで、ソース接続とソースオブジェクトをパラメータに置き換えます。
実行時に作成するパラメータ化されたターゲットを使用してマッピングを作成する場合は、ターゲットフィールドマッピングを[自動]に設定します。
パラメータ化されたターゲットオブジェクトを使用してマッピングを作成し、実行時にターゲットを作成する場合は、ターゲットトランスフォーメーションの
[フィールドマッピング]
タブでターゲットフィールドマッピングを
[自動]
に設定する必要があります。自動フィールドマッピングによって、同じ名前のフィールドが自動的にリンクされます。ターゲットオブジェクトをパラメータ化する際に、フィールドを手動でマッピングすることはできません。