目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

Visioテンプレート

Visioテンプレート

Visioテンプレートでは、
マッピング
タスクで使用できるパラメータ化されたデータフローロジックを定義します。
Visioテンプレートは、Informatica Cloudで統合テンプレートと呼ばれている従来の機能です。デフォルトでは、Visioテンプレートは
データ統合
ではサポートされていません。Visioテンプレート機能が必要な場合は、Informaticaグローバルカスタマサポートにお問い合わせください。
Visioテンプレートの代わりとして、Informaticaは
データ統合
に含まれているマッピングと
マッピング
タスクテンプレートを使用することを推奨します。このテンプレートには、データ統合、クレンジング、およびウェアハウジング作業に使用できる、あらかじめ構築されたロジックが含まれています。テンプレートはそのまま使用することも、ビジネスニーズに合わせてマッピングまたはマッピングタスクを作成するときのベースとしても使用できます。新しいマッピングまたは
マッピング
タスクに使用するテンプレートを
[新しいアセット]
ページで選択できます。
Visioテンプレートを使用する場合は、次のタスクを実行する必要があります。
  1. Microsoft Visioの
    データ統合
    プラグインである
    Cloud Integration Template Designer
    を使用してVisioテンプレートを設定します。テンプレートの設定には、InformaticaツールバーおよびInformatica Stencilを使用します。
    Cloud Integration Template Designer
    で新しいファイルを作成したり、PowerCenterからエクスポートしたマッピングXMLファイルを使用したり、
    データ統合
    からエクスポートした
    同期
    タスクマッピングXMLファイルを使用したりします。
    Visioテンプレートを設定するときは、全体のデータフローを定義してから、テンプレートパラメータを設定します。これにより、Visioテンプレートを柔軟に使用できるようになります。
  2. Cloud Integration Template Designer
    を使用して、Visioテンプレートをパブリッシュします。
  3. Visioテンプレートを
    データ統合
    の組織にアップロードします。
    Visioテンプレートをアップロードする場合、デフォルト値や表示プロパティなど、テンプレートパラメータのプロパティを定義できます。
  4. テンプレートに基づいて
    マッピング
    タスクを作成します。
    マッピング
    タスクを設定する場合は、Visioテンプレートのテンプレートパラメータ値を定義します。複数の
    マッピング
    タスクを作成し、各タスクでテンプレートパラメータ値を別々に定義すると、アップロードしたVisioテンプレートのロジックを再利用できます。