目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

Visioテンプレートの設定

Visioテンプレートの設定

Cloud Integration Template Designer
でVisioテンプレートを設定し、
マッピング
タスクで使用するために汎用的で再利用可能なデータフローロジックを定義します。
Visioテンプレートには、少なくとも1つのソース定義、ソース修飾子、ターゲット定義、オブジェクト間でデータを移動する方法を定義するリンクが含まれます。Visioテンプレートには、ルックアップを定義するルックアップオブジェクトや異種ソースを結合するジョイナオブジェクトなど、他のInformaticaオブジェクトを含めることができます。
パイプラインは、ソース修飾子と、そのソース修飾子からデータを受け取るすべてのオブジェクトおよびターゲットから構成されます。Visioテンプレートには1つ以上のパイプラインを含めることができます。
Visioテンプレートを設定する際には、テンプレートパラメータを設定できます。テンプレートパラメータとは、
マッピング
タスクで定義できる値です。
Visioテンプレートでは、ソース、ターゲット、およびルックアップは常にテンプレートパラメータです。フィルタ条件や結合条件、またはその他の式など、他のデータフローロジックの追加のテンプレートパラメータを設定できます。
式マクロは、式オブジェクトとアグリゲータオブジェクトで使用できます。式マクロを使用すると、動的な式ロジックを定義することができます。
Visioテンプレートと
マッピング
タスクでは、ユーザー定義パラメータも使用できます。ユーザー定義パラメータは、パラメータファイルで定義する値です。Visioテンプレートまたは
マッピング
タスクを編集しなくても、ユーザー定義パラメータ値を更新できます。パラメータファイルを
マッピング
タスクに関連付けます。
Visioテンプレートを設定する場合は、以下を設定できます。
  • タスクで使用するソースオブジェクトとターゲットオブジェクト。
  • データフローロジック。データトランスフォーメーションを実行するには、式オブジェクトなどの適切なオブジェクトを追加して式を設定します。
  • リンクとルール。オブジェクト間のリンク、およびオブジェクト間でデータを移動する方法を定義するリンクルールを作成します。
  • テンプレートパラメータ。後からプロセスで定義する値には、テンプレートパラメータを使用します。ソース、ターゲット、ルックアップは常にテンプレートパラメータです。必要に応じて追加のテンプレートパラメータを作成します。
  • 式マクロ。(オプション)。データフローに式オブジェクトまたは集計オブジェクトが含まれる場合、式マクロを使用して汎用的な式ロジックを有効にできます。
  • ユーザー定義のパラメータ。Visioテンプレートまたは
    マッピング
    タスク以外で定義する値には、ユーザー定義パラメータを設定します。