目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

テンプレートパラメータ

テンプレートパラメータ

テンプレートパラメータは、Visioテンプレートのプレースホルダで、1つ以上の値が挿入されます。テンプレートパラメータを設定するのは、VisioテンプレートのデータフローでInformaticaオブジェクトを設定するときです。
テンプレートパラメータの値は、
データ統合
組織にVisioテンプレートをアップロードするとき、またはVisioテンプレートに基づいて
マッピング
タスクを作成するときに定義できます。
テンプレートパラメータは、データフローのどのロジック部分に対しても作成できます。ソース、ターゲット、ルックアップは常にテンプレートパラメータです。データフローロジックの別の部分に対して、追加のテンプレートパラメータを作成できます。次のようなものを含むテンプレートパラメータを作成できます。
  • ソース修飾子のソースフィルタ
  • フィルタオブジェクトのフィルタ条件
  • ジョイナオブジェクトの結合条件
  • アップデートストラテジオブジェクトのアップデートストラテジ条件
  • 式オブジェクトの式
  • アグリゲータオブジェクトの式
  • リンクのリンクルール
例えば、複数のルックアップテーブルに地域のルックアップデータがある場合は、ルックアップテーブルを表すルックアップオブジェクトに$lookuptable$テンプレートパラメータを作成します。
マッピング
タスクを構成するとき、使用するルックアップ接続およびテーブルを選択します。各地域のルックアップテーブルごとに異なる
マッピング
タスクを構成します。
Visioテンプレートのテンプレートパラメータを作成するには、$<template_parameter_name>$のように、テンプレートパラメータ名をドル記号で囲みます。テンプレートパラメータでは大文字と小文字が区別されます。
デフォルトでは、テンプレートパラメータ名は、
マッピング
タスクウィザードでテンプレートパラメータラベルとして表示されます。ただし、テンプレートパラメータラベルは、テンプレート内で設定することも、テンプレートのアップロード後に設定することもできます。
Informaticaツールバーの[パラメータの表示]ボタンをクリックすると、$<template_parameter_name>$構文で定義したテンプレートパラメータが表示されます。ソース、ターゲット、またはルックアップの各テンプレートパラメータを設定する際にテンプレートパラメータ名構文を使用しないと、それらのテンプレートパラメータは、[パラメータの表示]ダイアログボックスに表示されません。