目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

Visioテンプレートの作成

Visioテンプレートの作成

Visioテンプレートを設定するには
Cloud Integration Template Designer
を使用しますが、最初のVisioテンプレートXMLファイルを作成するにはいくつかの方法があります。
次の表で、各方法を使用するタイミングと手順を説明します。要件に最も適した方法を使用してください。
Visioテンプレート作成方法
説明
Cloud Integration Template Designer
でVisioテンプレートを作成する。
データフローロジック全体を
Cloud Integration Template Designer
で作成する場合に使用します。
PowerCenterからマッピングをエクスポートする。
パラメータ化してInformatica Cloudで使用したいPowerCenterマッピングがある場合に使用します。
既存のPowerCenterマッピングからVisioテンプレートを作成するには、次の手順を実行します。
  1. PowerCenter Designerで、マッピングをXMLにエクスポートします。
  2. Cloud Integration Template Designer
    で、Informaticaツールバーの
    [マッピングXMLからのテンプレートの作成]
    ボタンを使用します。
  3. Cloud Integration Template Designer
    でテンプレートを設定します。
データ統合
からタスクをエクスポートする。
データ統合
同期
タスクまたは
マッピング
タスクを拡張およびパラメータ化する場合に使用します。
既存のタスクからVisioテンプレートを作成するには、次の手順を実行します。
  1. [参照]
    ページで、タスクに移動します。
  2. タスクの行で、
    [アクション]
    [マッピングXMLのダウンロード]
    をクリックします。
  3. Cloud Integration Template Designer
    で、Informaticaツールバーの
    [マッピングXMLからのテンプレートの作成]
    ボタンを使用します。
  4. Cloud Integration Template Designer
    でテンプレートを設定します。