目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

タスクのVisioテンプレートの情報

タスクのVisioテンプレートの情報

Visioテンプレートを設定する場合、
データ統合
ユーザーがVisioテンプレートをアップロードしたり、テンプレートに基づいて
マッピング
タスクを作成したりして、表示する情報を追加できます。この情報によってVisioテンプレートの操作方法をユーザーに説明することが可能です。
Visioテンプレートをアップロードまたは編集する場合、
データ統合
でこの情報を追加または更新できます。
次の表は、
マッピング
タスクでVisioテンプレートの情報がどのように表示されるかを示しています。
Cloud Integration Template Designer
のVisioテンプレートの要素
データ統合
での更新
マッピング
タスクウィザードでの表示
Visioテンプレートのデータフローの画像に、オブジェクトとリンクの名前が表示されます。
リンクには分かりやすい名前が付いているため、データフローのロジックを簡単に理解できます。
Visioテンプレートを作成または編集する場合にアップロードするテンプレートXMLファイル。
[定義]ページ。
ソースオブジェクト名。
[Visioテンプレート]ページの[ラベル]プロパティ。
[ソース]ページのソース接続およびソースオブジェクト。
ターゲットオブジェクト名。
[Visioテンプレート]ページの[ラベル]プロパティ。
[ターゲット]ページのターゲット接続およびターゲットオブジェクト。
テンプレートパラメータ名。
[Visioテンプレート]ページの[ラベル]プロパティ。
テンプレートパラメータラベル。
[パラメータの表示]ダイアログボックスのテンプレートパラメータの説明。
[Visioテンプレート]ページのテンプレートパラメーターの説明。
テンプレートパラメータのツールチップ。