目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

プロンプトオプション

プロンプトオプション

入力制御オプションは、タスク開発者が
マッピング
タスクでテンプレートパラメータを設定する方法を定義します。テンプレートパラメータのプロンプトオプションは、Visioテンプレートをアップロードまたは編集する場合に設定できます。
テンプレートパラメータのプロンプトオプションを設定するとき、テンプレートパラメータタイプの論理プロンプトオプションを選択します。
例えば、フィルタのテンプレートパラメータの場合、条件、式、またはテキストボックスのプロンプトを使用できますが、テンプレートパラメータが必要とする情報のタイプを示す場合は、条件のプロンプトが最適です。フィールドまたはフィールドマッピングのプロンプトでは、タスク開発者がフィルタのテンプレートパラメータの適切な情報を入力できません。
以下の表に、使用できるプロンプトオプションを示します。
プロンプトタイプ
説明
推奨される使用方法
テキストボックス
任意の情報に使用。
空のテキストボックスが表示されます。
入力する情報のタイプを理解しておく必要があります。情報が明らかでない場合、テンプレートパラメータの説明を使用してツールチップを作成します。
文字列のテンプレートパラメータのデフォルト。
式または式の一部。他のプロンプトタイプに適合しないデータ値および他のテンプレートパラメータ。
条件
TrueまたはFalseに解決するブール条件を作成するために使用。
シンプルなデータフィルタまたは詳細なデータフィルタを作成できる
[データフィルタ]
ダイアログボックスを表示します。
フィルタオブジェクトで定義されるフィルタ式、ルーターオブジェクトで使用される条件、その他のブール式。
簡単な式や複雑な式を作成するために使用。
ソースフィールド、関数、演算子のリストを含む
[フィールド式]
ダイアログボックスを表示します。
式オブジェクトやアグリゲータオブジェクトの式。
フィールド
1つのソースフィールドまたはルックアップフィールドを選択するために使用。
フィールドのリストが表示され、単一フィールドを選択できます。
ルックアップ条件またはその他の式のフィールド選択。または特定のフィールドをプロパゲートするためのリンクルール。
フィールドマッピング
複数のフィールドをマッピングするために使用。
同期
タスクウィザードの
[フィールドマッピング]
ページなどで、フィールドマッピングプロンプトが表示されます。
アップストリームソース、ルックアップ、マップレットからダウンストリームマップレットまたはターゲットに使用可能なフィールドをマッピングできます。
式で集計関数を使用できるかどうかを定義します。
ソース、ルックアップ、マップレット、ターゲット間でフィールドレベルマッピングのセットを定義。
式で集計関数を使用できるようにするには、
[集計関数]
オプションを有効にします。
カスタムドロップダウン
オプションのリストを提供するために使用。
Visioテンプレートをアップロードする場合に設定するオプションを含んだドロップダウンメニューが表示されます。
オプションを定義する際に、表示ラベルおよびラベルの値を作成します。
マッピング
タスクウィザードで、このラベルが表示されます。値は表示されません。
選択可能なオプションのセットを定義。オプションが表す値は表示されません。