目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

パラメータ表示のカスタマイズ

パラメータ表示のカスタマイズ

マッピング
タスクウィザードに手順またはページを1つ以上追加して、タスク開発者がテンプレートパラメータを設定する順序をカスタマイズできます。パラメータの表示順序は、Visioテンプレートをアップロードまたは編集するときにカスタマイズできます。
デフォルトでは、Visioテンプレートをアップロードすると、定義されているソースとターゲットのパラメータが[ソース]手順または[ターゲット]手順に表示されます。これらの手順に他の接続テンプレートパラメータを移動できます。デフォルトでは、他のすべてのテンプレートパラメータは、[その他のパラメータ]手順に表示されます。
マッピング
タスクウィザードでは、類似のパラメータをグループ化する手順を作成できます。例えば、フィールドマッピングパラメータを1つの手順、フィルタパラメータを別の手順としてグループ化できます。
また、論理的に依存関係があるパラメータを順序付けする手順も
マッピング
タスクウィザードで作成できます。その場合、タスク開発者は一定の順序でパラメータを設定する必要があります。例えば、Visioテンプレートには、パラメータ化されたマップレットとフィールドマッピングが含まれます。手順でのマップレットパラメータの表示が、フィールドマッピングパラメータより前になるように設定します。これにより、マップレット入力フィールドとマップレット出力フィールドがフィールドマッピングパラメータに表示されます。