目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

手順1.Date To Stringテンプレートの設定

手順1.Date To Stringテンプレートの設定

Cloud Integration Template Designer
を使用して、Date To String Visioテンプレートを設定およびパブリッシュします。
Informatica Stencilのオブジェクトを使用して、Visioテンプレートのデータフローを作成します。オブジェクトとリンクを追加して設定します。テンプレートの作成が完了したら、テンプレートを検証してパブリッシュします。次にイメージファイルを作成します。Visioテンプレートを
データ統合
組織にアップロードする場合は、イメージファイルを使用します。
  1. 新しいテンプレートを作成するには、
    [ファイル]
    [新規]
    [カスタムVisioテンプレート]
    [作成]
    をクリックします。
  2. ファイルを保存して名前を付けるには、
    [ファイル]
    [保存]
    をクリックします。ローカルディレクトリを選択し、ファイルにDateToString.vsdという名前を付けます。
    VSDは、
    Cloud Integration Template Designer
    のデフォルトのファイルタイプです。
  3. Informatica Stencilから、ソース定義オブジェクトをテンプレートに追加します。[ソース定義]アイコンをダブルクリックします。
  4. [ソース定義の詳細]
    ダイアログボックスで、次のソース定義プロパティを設定します。
    プロパティを設定するには、設定するプロパティを選択します。[プロパティ]領域に使用する値を入力して、
    [適用]
    をクリックします。
    ソース定義プロパティ
    トランスフォーメーション名
    $DBsrc$
    ソーステーブル
    $DBsrc$
    ソースの場合、トランスフォーメーション名とソーステーブルに同じテンプレートパラメータ名を使用します。名前をドル記号で囲んでいるかどうかにかかわらず、ソースは常にテンプレートパラメータですが、ドル記号を使用して、他のユーザーにテンプレートパラメータであることを明確に示します。
  5. データフローにソース修飾子オブジェクトを追加して、次のプロパティを設定します。
    ソース修飾子プロパティ
    トランスフォーメーション名
    SQ
  6. ソース定義間のリンクオブジェクトをソース修飾子に追加します。リンクをダブルクリックして、リンクルールを設定します。
  7. リンクに名前を付けるには、
    [リンクルール]
    ダイアログボックスの
    [ルールセット名]
    フィールドに
    「All」
    と入力します。
  8. ソースのすべてのデータをソース修飾子に移動するリンクルールを設定するには、
    [新しいルール]
    をクリックします。
    [リンクルールの定義]
    ダイアログボックスで、
    [含む]
    [すべてのポート]
    [OK]
    の順にクリックします。
  9. 変更を保存して、
    [リンクルール]
    ダイアログボックスを閉じるには、
    [OK]
    をクリックします。
  10. 日付を文字列に変換する式を設定するには、式オブジェクトをデータフローに追加します。
    [式の詳細]
    ダイアログボックスの
    [プロパティ]
    タブで、次のプロパティを設定します。
    式の詳細
    トランスフォーメーション名
    EXP_DateConversion
  11. [設定]
    タブで
    [新しい式]
    をクリックし、次の詳細を設定して、
    [適用]
    をクリックします。
    この式では、マクロの変数名を宣言します。またすべてのポートを表す「port」変数を設定し、すべてのポートを含めるマクロ変数フィールドを定義します。
    新しい式の詳細
    ポート名
    Declare_%enums%
    {"port":"All Ports"}
  12. 次のように別の式を設定して、
    [適用]
    をクリックします。
    マクロ文では出力ポートを定義します。「port」変数を使用して、出力ポートに「<output port>_o」という名前を付けます。
    マクロ式は、ポートに$fromdateformat$テンプレートパラメータ形式の日付が含まれるかどうかを判断します。含まれる場合は、日付を$todateformat$テンプレートパラメータ形式に変換します。その後、日付を文字列に変換します。
    新しい式の詳細
    ポート名
    %port%_o
    iif(IS_DATE(%port%,'$fromdateformat$'),TO_CHAR(TO_DATE(%port%,'$fromdateformat$'),'$todateformat$'),%port%)
  13. ソース修飾子のすべてのデータを式オブジェクトに移動するリンクルールを設定するには、
    [新しいルール]
    をクリックします。
    [リンクルールの定義]
    ダイアログボックスで、
    [含む]
    [すべてのポート]
    [OK]
    の順にクリックします。
    リンクルールを保存するには、
    [OK]
    をクリックします。
  14. ターゲット定義オブジェクトをデータフローに追加します。次のようにターゲット定義を設定します。
    ターゲット定義プロパティ
    トランスフォーメーション名
    $tgt$
    ターゲットテーブル
    $tgt$
  15. 式オブジェクトのデータをターゲット定義に移動するリンクルールを設定するには、
    [新しいルール]
    をクリックします。
    [リンクルールの定義]
    ダイアログボックスで、
    [含む]
    をクリックします。
    "_o"で終わるすべてのポートを含めるには、
    [パターン]
    をクリックし、
    [開始ポートパターン]
    に「_o$」と入力します。
    [OK]
    をクリックします。
    リンクルールを保存するには、
    [OK]
    をクリックします。
  16. Visioテンプレートを検証するには、Informaticaツールバーで、
    [マッピングテンプレートの検証]
    をクリックします。
  17. Visioテンプレートを保存するには、
    [ファイル]
    [保存]
    をクリックします。
  18. イメージファイルを作成するには、
    [ファイル]
    [名前を付けて保存]
    をクリックします。ファイルを、JPEGまたはPNGとして保存します。
    スクリーンショットを取る前に、Informaticaツールバーの[すべて整列]アイコンを使用して、データフローを整列させることができます。
  19. Visioテンプレートをパブリッシュするには、Informaticaツールバーで、
    [テンプレートのパブリッシュ]
    をクリックします。使用するディレクトリに移動して、
    [保存]
    をクリックします。
    Cloud Integration Template Designer
    によってテンプレートXMLファイルが作成されます。
  20. Visioテンプレートを保存して閉じます。