目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピング

マッピング

マッピングでは、
マッピング
タスクで使用できる再利用可能なデータフローロジックを定義します。マッピングを使用して、
同期
タスクで利用できないデータフローロジック(ロジックの特定の順序設定やさまざまなシステムのソースの結合など)を定義します。
以下のタイプのマッピングを作成できます。
マッピング
マッピングを使用して、指定したインフラストラクチャを使用してSecure AgentグループによってまたはHosted Agentによって直接処理される小規模から中規模のデータ統合ソリューションをデプロイします。
エラスティックマッピング
エラスティックマッピング
を使用して、大規模なデータ統合ソリューションをデプロイします。
エラスティックマッピング
を実行すると、マッピングが
エラスティッククラスタ
にプッシュされ、ブロードデータセットの高速な処理を実現します。
エラスティッククラスタ
のインフラストラクチャは、
エラスティックジョブ
の数とサイズに基づいて自動的に最適化されます。
マッピングを設定するには、
データ統合
Mapping Designerを使用します。マッピングを設定するときに、ソースおよびターゲットからのデータフローを記述します。 行レベルの計算用の式トランスフォーメーション、データフローからデータを削除するフィルタトランスフォーメーションなどのトランスフォーメーションを追加して、データを変換できます。 トランスフォーメーションには、入力フィールドを定義するためのフィールドルールが含まれています。 リンクは、データがデータフローをどのように移動するかを視覚的に表します。
各種パラメータを設定すると、マッピングをより柔軟に使用できるようなります。 パラメータは、
マッピング
タスクで定義する情報のプレースホルダとして機能します。例えば、マッピングのソース接続でパラメータを使用し、タスクを設定するときにそのソース接続を定義できます。
マッピングでは、マップレット、ビジネスサービス、階層スキーマ定義などのコンポーネントを使用できます。コンポーネントは、マッピングをサポートするアセットです。一部のコンポーネントは特定のトランスフォーメーションに必要ですが、その他はオプションです。例えば、Webサービストランスフォーメーションを含むマッピングにはビジネスサービスアセットが必要です。一方、保存済みクエリコンポーネントは、複数のマッピングでカスタムクエリを再利用する場合に便利ですが、保存済みクエリは必須ではありません。
マッピングとコンポーネントを使用するには、組織が適切なライセンスを所持している必要があります。