目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングチュートリアル

マッピングチュートリアル

次のチュートリアルでは、簡単なマッピングの作成方法、マッピングの保存と検証方法、および
マッピング
タスクの作成方法を説明します。
このチュートリアルのために、米国の顧客アカウント情報を含むファイルが用意されています。特定の州の顧客アカウント情報を含むファイルを作成することもできます。
マッピングで、次のコンポーネントを定義します。
  • ソーストランスフォーメーション。アカウント情報を含むソースファイルを表します。
  • フィルタトランスフォーメーション。特定の州を除くすべてのアカウント情報を除外するトランスフォーメーション。
  • ターゲットトランスフォーメーション。特定の州のアカウント情報を含むターゲットファイルを表します。
マッピングでパラメータを作成すると、同じ
マッピング
タスクを使用して、各状態のファイルを作成できます。次のパラメータを作成します。
  • フィルタトランスフォーメーションでは、状態の値を保持するパラメータを作成し、マッピングを使用して複数のタスクを作成できるようにします。タスクごとに異なる状態の値を指定できます。
  • ターゲットトランスフォーメーションでは、ターゲットオブジェクトのパラメータを作成して、各状態のターゲットファイルを個別に設定します。
マッピングを定義したら、マッピングに基づいて
マッピング
タスクを作成します。
マッピング
タスクを実行するときは、ターゲットオブジェクトパラメータとフィルタパラメータの値を指定します。そのようにすると、
マッピング
タスクは、指定された状態に基づいて指定されたターゲットにデータを書き込みます。
マッピングチュートリアルには、次の手順が含まれます。
  1. マッピングを作成します。
  2. ソースを設定します。使用するソースオブジェクトと接続の名前を指定します。
  3. フィルタトランスフォーメーションを作成します。フィルタトランスフォーメーションで、州の値を保持するパラメータを作成します。
  4. ターゲットを設定します。使用する接続を指定し、ターゲットオブジェクトのパラメータを作成します。
  5. マッピングを検証して、エラーがないことを確認します。マッピングに基づいてタスクを実行するには、マッピングが有効でなければなりません。
  6. マッピングに基づいてタスクを作成します。タスクには、タスクを実行するときに指定するターゲットオブジェクトと状態値のパラメータが含まれます。