目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

手順2.ソースの設定

手順2.ソースの設定

次の手順では、ソーストランスフォーメーションを作成してソースオブジェクトを指定します。
マッピングを設計する場合、最初に設定するトランスフォーメーションはソーストランスフォーメーションです。ソーストランスフォーメーションでソースオブジェクトを指定します。ソースオブジェクトは、マッピングで使用するデータのソースを表します。ソースのプロパティはダウンストリームデータに影響する可能性があるため、マッピングデザインの最初にソースオブジェクトを追加します。例えば、ソースでデータをフィルタ処理すると、ダウンストリームトランスフォーメーションに含まれるデータに影響します。
ソースオブジェクトとして、サンプルAccountフラットファイルを設定します。
  1. マッピングキャンバスで、ソーストランスフォーメーションをクリックして選択します。
  2. [プロパティ]パネルで、
    [全般]
    をクリックし、ソーストランスフォーメーション名のsrc_FF_Accountを入力します。
  3. ソースオブジェクトに基づいて、使用する接続を指定します。この場合、ソースオブジェクトはフラットファイルであるため、接続はフラットファイル接続である必要があります。
    [ソース]
    をクリックし、次のプロパティを構成します。
    ソースの詳細
    説明
    接続
    サンプルソースファイルへの接続。
    チュートリアルを開始する前に、設定したフラットファイル接続を選択します。
    ソースタイプ
    ソースオブジェクトまたはパラメータ。パラメータは、マッピングに基づいてタスクを実行するときに指定するソースオブジェクトのプレースホルダです。
    [単一オブジェクト]
    を選択します。
    オブジェクト
    マッピングのソースオブジェクト。
    [選択]をクリックし、ACCOUNT.csvソースファイルに移動します。ソースオブジェクトへのフルパスとソースファイル名(例えば、C:\Informatica\Tutorial\ACCOUNT.csv)を入力します。
    ソースファイル内のデータを表示する場合は、
    [データプレビュー]
    をクリックできます。
    次の画像は、[プロパティ]パネルのsrc_FF_Accountの詳細を示しています。
    [プロパティ]パネルには、FF_Accountソーストランスフォーメーションのソース接続、ソースタイプ、およびソースオブジェクトが表示されます。
    ソースフィールドとフィールドのメタデータを表示するには、
    [フィールド]
    タブをクリックします。
  4. マッピングを保存して続行するには、
    [保存]
    をクリックします。