目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

手順3.フィルタトランスフォーメーションの作成

手順3.フィルタトランスフォーメーションの作成

次の手順では、各アカウントがある州に基づいてアカウントをフィルタ処理するフィルタトランスフォーメーションを作成します。また州の値を保持するパラメータも作成します。
このマッピングで、特定の州に基づいてアカウントをフィルタ処理するタスクを実行することができます。これを行うには、フィルタトランスフォーメーションをデータフローに追加して、州情報をキャプチャします。次に、州の値を保持するパラメータをフィルタ条件で定義します。パラメータを使用する場合は、同じマッピングを再利用して複数のタスクを作成できます。タスクごとに異なる状態の値を指定できます。または、同じ
マッピング
タスクを使用して、タスクの実行時に状態の値を変更することもできます。
サンプルAccountソースファイルには、[州]フィールドが含まれています。フィルタ条件で[州]フィールドを使用すると、州に基づいてデータをターゲットに書き込むことができます。例えば、条件としてState = MDを使用する場合は、メリーランドに基づくアカウントをデータフローに追加します。フィルタ条件の値にパラメータを使用する場合は、タスクを実行するときに使用する州を定義できます。
フィールドルールでは、トランスフォーメーションに含まれるフィールドとフィールドの名前付け方法を定義します。デフォルトでは、使用可能なすべてのフィールドがトランスフォーメーションに含まれます。ソースファイルが大きい場合は、不要なフィールドを除外することができます。または、例えばマッピングに複数のソースがある場合は、特定の入力フィールドの名前を変更することもできます。フィールドルールは、
[追加フィールド]
タブで設定されます。このチュートリアルでは、フィールドルールを設定しないでください。
  1. フィルタトランスフォーメーションを追加するには、[トランスフォーメーションパレット]からマッピングキャンバスにフィルタトランスフォーメーションをドラッグし、src_FF_AccountソーストランスフォーメーションとNewTargetトランスフォーメーションの間にドロップします。
    フィルタトランスフォーメーションを見つけるために、[トランスフォーメーションパレット]のスクロールが必要になる場合があります。
    キャンバス内の2つのトランスフォーメーションの間に新しいトランスフォーメーションをドロップすると、次の図に示すように、新しいトランスフォーメーションがデータフローに自動的にリンクされます。
    ソース、フィルタ、およびターゲットの各トランスフォーメーションでは、マッピングキャンバスの行に、トランスフォーメーション間のラインが表示され、データフロー内でトランスフォーメーションが接続されていることが示されます。
    トランスフォーメーションをリンクすると、ダウンストリームトランスフォーメーションは以前のトランスフォーメーションからフィールドを継承します。
  2. フィルタトランスフォーメーションを設定するには、マッピングキャンバスでフィルタトランスフォーメーションを選択します。
  3. フィルタトランスフォーメーションに名前を付けるには、[プロパティ]パネルで
    [全般]
    をクリックして、フィルタトランスフォーメーション名として
    flt_Filter_by_State
    を入力します。
  4. 値にパラメータを使用する単純なフィルタを作成するには、
    [フィルタ]
    をクリックします。
    [フィルタ条件]
    には、
    [簡易]
    を選択します。
  5. 次の図に示すように、
    [新しいフィルタ条件の追加]
    をクリックします。
    フィルタ条件テーブル内のメッセージには、指定されたフィルタ条件がないことが表示されます。[新しいフィルタ条件の追加]アイコンをクリックすると、新しい条件のテーブルに行が作成されます。
    [新しいフィルタ条件の追加]
    をクリックすると、新しいフィルタ条件の値を指定する場所に新しい行が作成されます。
  6. [フィールド名]
    には、
    [州]
    を選択します。
  7. [演算子]
    には、
    [等しい]
    を選択します。
  8. フィルタ条件の値をパラメータ化するには、
    [値]
    [新しいパラメータ]
    を選択します。
  9. [新しいパラメータ]
    ダイアログボックスで、次のオプションを設定します。
    フィルタ条件の詳細
    説明
    名前
    フィルタ条件の名前。
    名前として、
    p_FilterConditionValue
    を入力します。
    表示ラベル
    マッピング
    タスクウィザードに表示されるラベル。条件値を入力します。
    ラベルとして
    「Filter Value for State」
    と入力します。
    説明
    マッピング
    タスクウィザードに表示される説明。
    説明のテキストとして、
    Enter the two-character state name for the data you want to use
    と入力します。
    タイプ
    フィルタ条件で使用するフィールドのデータ型。
    [州]フィールドは、ダイアログボックスで指定済みの文字列データ型です。
    デフォルト値
    フィルタ条件のデフォルト値。別の値を指定しなければ、
    マッピング
    タスクではこの値が使用されます。
    デフォルトではメリーランドのアカウントでタスクを実行するため、
    MD
    と入力します。
  10. [OK]
    をクリックします。次の図に示すように、新しいフィルタ条件が[プロパティ]パネルに表示されます。
    フィルタ条件テーブルには、完了したフィルタ条件が表示されます。
  11. 変更を保存するには、
    [保存]
    をクリックします。