目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

Mapping Designer

Mapping Designer

マッピング
タスクで使用できるマッピングを作成するには、Mapping Designerを使用します。
次の画像は、Mapping Designerを示しています。
Mapping Designerは、[プロパティ]パネル、ヘッダー、トランスフォーメーションパレット、マッピングキャンバス、ツールバー、[インベントリ]パネル、[パラメータ]パネル、[検証]パネルの各領域で構成されます。
次の表に、Mapping Designerの領域を示します。
Mapping Designerの領域
説明
1. [プロパティ]パネル
マッピングまたは選択されたトランスフォーメーションの設定オプションを表示します。トランスフォーメーションタイプに基づいて、さまざまなオプションが表示されます。
[プロパティ]
パネルのサイズをすばやく変更するためのアイコンが含まれています。
[プロパティ]
パネルは手動でサイズ変更することもできます。
2. ヘッダー
次の情報、ボタン、およびアイコンが表示されます。
  • マッピング名。
  • マッピングのステータス。ステータスは有効または無効のいずれかになります。
  • [保存]ボタン。
  • 実行ボタン。マッピングのテスト実行を作成するために使用します。
  • [元に戻す]アイコンと[やり直し]アイコン。マッピングを保存するまで、アクションを元に戻したりやり直したりすることができます。
  • [インベントリ]アイコン。
    [インベントリ]
    パネルを表示または非表示にします。
  • [パラメータ]アイコン。
    [パラメータ]
    パネルを表示または非表示にします。
  • [検証]アイコン。
    [検証]
    パネルを表示または非表示にします。
  • [アクション]アイコン。マッピングに基づいて
    マッピング
    タスクを作成および保存するために使用します。
    マッピング
    タスクについては、「
    タスク
    」を参照してください。
  • [閉じる]アイコン。
3. トランスフォーメーションパレット
マッピングで使用できるトランスフォーメーションのリストが表示されます。
トランスフォーメーションを追加するには、トランスフォーメーションをマッピングキャンバスにドラッグします。
4. マッピングキャンバス
マッピングを設定するキャンバス。マッピングを作成するときには、設定するソーストランスフォーメーションとターゲットトランスフォーメーションが事前にキャンバス上に存在しています。
5. ツールバー
次のアイコンとボタンが表示されます。
  • 推奨の切り替え。CLAIRE™の推奨をオンまたはオフにします。
    組織のCLAIREの推奨設定が有効になっている場合に表示されます。
  • [すべて整列]アイコン。マッピングを整列します。
  • [削除]アイコン。選択されたトランスフォーメーションまたはリンクを削除します。
  • 切り取り。
  • コピー。
  • 貼り付け。
  • [ズームイン]アイコン。マッピングのサイズを大きくします。
  • [ズームアウト]アイコン。マッピングのサイズを小さくします。
6. [インベントリ]パネル
マッピングにソース、ターゲット、またはルックアップオブジェクトとして追加できるEnterprise Data Catalogオブジェクトを一覧表示します。
[インベントリ]
パネルを表示するには、組織に適切なライセンスがある必要があります。
[データカタログ]
ページでオブジェクトを検索し、検索結果でそれらを選択してマッピングに追加すると、オブジェクトはインベントリに表示されます。インベントリからオブジェクトを削除するには、オブジェクトを含む行で「X」をクリックします。
[インベントリ]
をクリックすると表示されます。パネルを非表示にするには、
[インベントリ]
をもう一度クリックします。
7. [パラメータ]パネル
マッピング内のパラメータのリストを表示します。パラメータの作成、編集、削除を行うことができ、さらにマッピングでパラメータが使用される場所の確認ができます。
[パラメータ]
をクリックすると表示されます。パネルを非表示にするには、
[パラメータ]
をもう一度クリックします。
8. [検証]パネル
マッピング内のトランスフォーメーションのリストや、マッピングエラーに関する詳細情報を表示します。マッピングエラーを検索して修正する際に使用します。
[検証]
をクリックすると表示されます。パネルを非表示にするには、
[検証]
をもう一度クリックします。