目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングの定義

マッピングの定義

  1. [新規]
    [マッピング]
    をクリックして、以下のいずれかのタスクを実行します。
    • マッピングを最初から作成するには、
      [マッピング]
      または
      [エラスティックマッピング]
      をクリックし、
      [作成]
      をクリックします。Mapping Designerが表示され、マッピングキャンバスには、構成するためのソーストランスフォーメーションとターゲットトランスフォーメーションがあります。
    • テンプレートに基づいてマッピングを作成するには、使用するテンプレートをクリックし、
      [作成]
      をクリックします。Mapping Designerには、そのまま使用することも、変更することもできる完全なマッピングが表示されます。
    • マッピングを編集するには、
      [エクスプローラ]
      ページでマッピングに移動します。マッピングが含まれている行で、
      [アクション]
      をクリックし、
      [編集]
      を選択します。Mapping Designerが、選択したマッピングと共に表示されます。
  2. マッピングの名前と場所を指定するには、
    [マッピングのプロパティ]
    パネルでマッピングの名前を入力し、場所を変更します。または、必要に応じてデフォルト値を使用できます。
    デフォルトでは、マッピング名は、マッピングの後に連番が付けられたものになります。
    マッピング名には、英数字とアンダースコア(_)を使用できます。最大長は100文字です。
    次の予約語は使用できません。
    • AND
    • OR
    • NOT
    • PROC_RESULT
    • SPOUTPUT
    • NULL
    • TRUE
    • FALSE
    • DD_INSERT
    • DD_UPDATE
    • DD_DELETE
    • DD_REJECT
    Explore
    (参照)]ページが現在アクティブになっていて、プロジェクトまたはフォルダが選択されている場合、アセットのデフォルトの場所はその選択されているプロジェクトまたはフォルダです。そうでない場合、デフォルトの場所は直近で保存されたアセットの場所です。
    [エクスプローラ]
    ページを使用して、マッピングを保存した後で、名前または場所を変更できます。
  3. 必要に応じて、マッピングの説明を入力します。
    最大長は4000文字です。