目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

データフローの設定

データフローの設定

データフローを設定するには、オプションでマッピングにトランスフォーメーションを追加します。
  1. トランスフォーメーションを追加するには、以下のいずれかのアクションを実行します。
    • トランスフォーメーションパレットで、トランスフォーメーションをマッピングキャンバス上にドラッグします。接続されている2つのトランスフォーメーションの間でトランスフォーメーションを削除すると、Mapping Designerによって、新規のトランスフォーメーションが2つのトランスフォーメーションに自動的に接続されます。
    • マッピングキャンバスで、トランスフォーメーション間のリンクにカーソルを合わせるかまたは未接続のトランスフォーメーションを選択して[トランスフォーメーションの追加]アイコンをクリックします。メニューからトランスフォーメーションを選択します。
  2. [全般]
    タブで、トランスフォーメーションの名前と説明を入力します。
  3. 新しいトランスフォーメーションを、キャンバス上の適切なトランスフォーメーションにリンクします。
    トランスフォーメーションをリンクすると、ダウンストリームトランスフォーメーションは以前のトランスフォーメーションから追加フィールドを継承します。
    ジョイナトランスフォーメーションの場合は、マスタリンクと詳細リンクを設定します。
  4. フィールドのプレビュー、フィールドルールの設定、またはフィールド名の変更を行うには、
    [追加フィールド]
    をクリックします。
  5. 必要に応じて、トランスフォーメーションの追加プロパティを設定します。
    設定するプロパティは、作成するトランスフォーメーションのタイプによって変わります。トランスフォーメーションおよびトランスフォーメーションのプロパティの詳細については、「
    トランスフォーメーション
    」を参照してください。
  6. 変更を保存して続行するには、
    [保存]
    をクリックします。
  7. 別のトランスフォーメーションを追加するには、これらの手順を繰り返します。