目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピング設定のルールとガイドライン

マッピング設定のルールとガイドライン

マッピングを設定するときは、次のルールおよびガイドラインに従ってください。
  • マッピングにマップレットトランスフォーメーションが含まれ、マップレットにソースが含まれている場合は、マッピングにソーストランスフォーメーションは必要ありません。
  • データフロー内に複数のブランチを設定できます。複数のデータフローを作成する場合は、フローの実行順序を設定します。
  • すべてのトランスフォーメーションをデータフローに接続します。
  • ブランチ内のすべてのトランスフォーメーションがパッシブである場合に限り、パッシブなトランスフォーメーションで複数のアップストリームブランチをマージできます。
  • フィールド名を変更する場合は、フィールドを使用する条件と式を更新します。条件や式(式トランスフォーメーションのルックアップ条件、ルックアップ式など)は、フィールド名の変更を継承しません。
  • 接続パラメータと特定のオブジェクトを使用するには、マッピング内の接続とオブジェクトを使用します。マッピングが完了すると、接続をパラメータで置き換えることができます。
  • オブジェクトでパラメータを使用する場合は、そのオブジェクトのフィールドを使用する、データフロー内のすべての条件またはフィールドマッピングでパラメータを使用します。
  • 以下の開いているアセット間で、一度に複数のトランスフォーメーションをコピーして貼り付けることができます。
    • マッピング間
    • エラスティックマッピング間
    • マップレット間
    • マッピングまたはエラスティックマッピングからマップレットへ
    トランスフォーメーションを別のアセットに貼り付けると、パラメータ値を除くすべてのトランスフォーメーション属性がアセットにコピーされます。