目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

ターゲットの設定

ターゲットの設定

ターゲットを設定するには、
ターゲット
トランスフォーメーションを編集します。
  1. マッピングキャンバスで、
    ターゲット
    トランスフォーメーションをクリックします。
  2. ターゲットトランスフォーメーションを適切なアップストリームトランスフォーメーションにリンクします。
  3. [全般]
    タブで、ターゲット名と必要に応じて説明を入力します。
  4. [受信フィールド]
    タブをクリックして、受信フィールドのプレビュー、フィールドルールの設定、またはフィールドの名前変更を行います。
  5. [ターゲット]
    タブをクリックして、ターゲットの詳細および詳細プロパティを設定します。
    ターゲットの詳細および詳細ターゲットプロパティは、接続タイプによって異なります。詳細については、「
    トランスフォーメーション
    」を参照してください。
    ターゲットの詳細では、ターゲット接続、ターゲットオブジェクト、およびターゲット操作を選択します。組織の管理者によってEnterprise Data Catalog統合プロパティが設定されていて、
    [Data Catalog]
    ページでオブジェクトをマッピングに追加した場合、
    [インベントリ]
    パネルからターゲットオブジェクトを選択できます。ターゲット接続とターゲットオブジェクトのパラメータも設定できます。
  6. [フィールドマッピング]
    をクリックして、書き込むフィールドをターゲットにマップします。