目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングのテスト

マッピングのテスト

マッピングが完了し、マッピングが有効であることを確認したら、テスト実行によってマッピングの結果を検証できます。
マッピング
タスクを作成する前に、有効なマッピングのテスト実行によってマッピングの結果を検証します。
テスト実行では、一時的な
マッピング
タスクを実行します。タスクはソースデータを読み取り、ターゲットデータを書き込み、データフロー内のすべての計算を実行します。
データ統合
は、テスト実行後に一時タスクを破棄します。
テスト実行は、Mapping Designerまたは
[エクスプローラ]
ページから実行できます。
Mapping Designerからマッピングのテスト実行を行うには、次の手順を実行します。
  1. マッピングを保存したら、
    [実行]
    をクリックします。
  2. パラメータがマッピングされている場合は、ランタイム環境を選択し、パラメータの値を指定します。
  3. [実行]
    をクリックします。
[エクスプローラ]
ページからマッピングを実行するようにテストするには、次の手順を実行します。
  1. マッピングに移動し、マッピングが含まれている行で
    [アクション]
    をクリックし、
    [実行]
    を選択します。
  2. ランタイム環境を選択し、
    [実行]
    をクリックします。
[実行]
ではなく
[新しいマッピングタスク]
を選択した場合は、
データ統合
によって
マッピング
タスクが作成され、指定した場所に保存されます。
マッピング
タスクの詳細については、「
タスク
」を参照してください。