目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

エラスティックマッピングのプレビューの実行

エラスティックマッピングのプレビューの実行

選択したトランスフォーメーションの
[プレビュー]
パネルでデータプレビュージョブを実行します。データプレビュージョブは、AWSオンデマンドインスタンスで実行されます。
エラスティックマッピング
のデータプレビュージョブを実行する前に、選択したトランスフォーメーションにマッピング検証エラーがないことを確認します。
プレビュージョブを実行するには、次の手順を実行します。
  1. Mapping Designerでトランスフォーメーションを選択します。
  2. [プレビュー]
    パネルを開きます。
  3. [プレビューの実行]
    をクリックします。
  4. プレビューの実行ウィザードで、プレビューするソース行の数と、プレビュージョブを実行するランタイム環境を入力します。
    入力する番号は、マッピングの各ソースに適用されます。例えば、10行を選択し、マッピングに複数のソースが含まれている場合、プレビュージョブは各ソースの最初の10行を処理します。
    最大で999,999,999行を選択できます。
    多数のソース行を選択すると、Secure Agentマシンでストレージまたはパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  5. データ統合
    がすべてのソースデータを読み取るようにするには、
    [ソース全体を読む]
    オプションを選択します。ソースデータセットが大きい場合、プレビューデータの表示が遅くなることがあります。ターゲットデータは、[プレビューする行数]フィールドに入力した値に基づいて制限されます。
  6. [アップストリームプレビューの有効化]
    オプションを使用すると、選択したトランスフォーメーションとアップストリームトランスフォーメーションのデータをプレビューできます。このオプションはデフォルトで有効になっています。アップストリームトランスフォーメーションが多数ある場合、プレビューデータの表示が遅くなることがあります。**
  7. [プレビューの実行]
    をクリックします。
データ統合
は選択されたトランスフォーメーションの
[プレビュー]
パネルに結果を表示します。
プレビュージョブは、
データ統合
[マイジョブ]
ページとMonitorの
[すべてのジョブ]
ページと
[実行中のジョブ]
ページで監視できます。データ統合は、プレビュージョブに<マッピング名>-<インスタンス番号>という名前を付けます(例: MyMapping_1)。データプレビュージョブのセッションログをダウンロードできます。
プレビュージョブを再開するには、
[プレビュー]
パネルでジョブを再度実行します。
[マイジョブ]
ページまたは
[すべてのジョブ]
ページでデータプレビュージョブを再開することはできません。