目次

Search

  1. はじめに
  2. 一括取り込みファイル
  3. 一括取り込みファイルREST API

一括取り込みファイル

一括取り込みファイル

ファイル処理アクションの設定

ファイル処理アクションの設定

一括取り込みファイル
がファイルを転送する前にファイルに対して実行する、圧縮や暗号化などのファイル処理アクションを定義できます。
  1. ファイル処理アクションを追加するには、[アクション]タブのプラス記号をクリックします。
    [アクションの詳細]
    ウィンドウが表示されます。
  2. 次のファイル処理アクションを実行します。
    アクション
    説明
    圧縮
    ファイルを圧縮するには、
    [圧縮]
    を選択します。その後、次のアクションタイプのいずれかを選択します。
    • Zip
    • Gzip
    • Tar
    • Bzip2
    パスワードを入力して.zipファイルを保護することができます。.zipファイルに複数のファイルが含まれている場合は、すべての圧縮ファイルに同じパスワードが適用されます。
    圧縮解除
    圧縮ファイルを圧縮解除するには、
    [圧縮解除]
    を選択します。その後、次のアクションタイプのいずれかを選択します。
    • Unzip
    • Gunzip
    • Untar
    • Bunzip2
    ファイルの圧縮に使用された圧縮アクションタイプに対応するアクションタイプを使用してください。たとえば、.zipファイルの場合は、Unzipの方法を使用します。
    パスワードで保護された.zipファイルを解凍するには、正しいパスワードを入力してください。誤ったパスワードで圧縮ファイルを解凍しようとすると、ジョブは失敗します。例えば、5ファイルのうち、4ファイルが同じパスワードで保護され、残りの1つのファイルが別のパスワードで保護されている場合に、ジョブが誤ったパスワードでファイルを解凍しようとすると失敗します。
    パスワードを使用していない圧縮ファイルを開くと、一括取り込みファイルは、アクションで入力したパスワードを無視します。例えば、5ファイルのうち、4ファイルのみがパスワードで保護されている場合、ジョブは正常に実行され、5ファイルすべてが解凍されます。
    暗号化
    PGP暗号化方法を使用してファイルを暗号化するには、
    [暗号化]
    を選択します。次に、
    [PGP]
    を選択して、ファイルを復号化するユーザーのキーIDを入力します。
    • 署名キーを追加するには、
      [署名]
      を選択します。
      キーIDとキーパスフレーズが有効になります。
    • ファイルの接尾辞を入力します。デフォルトは
      .pgp
      です。デフォルト値を上書きできます。
    • プライベートキーIDとキーパスフレーズを入力します。
    ファイル取り込み
    で転送されるファイルの保護に関する詳細については、「一括取り込みファイルのセキュリティ」を参照してください。
    復号化
    PGPで暗号化されたファイルを復号化するには、
    [復号化]
    を選択します。次に、
    [PGP]
    を選択して、ターゲットディレクトリのユーザーのキーパスフレーズを入力します。
    ファイル操作
    ターゲットディレクトリ内のファイルに対して操作を実行するには、
    [ファイル操作]
    を選択します。その後、次のアクションタイプのいずれかを選択します。
    • 非階層化。ファイルを複数のフォルダからターゲットディレクトリの1つのフォルダへ移動します。
    • ファイル名の変更。ターゲットディレクトリ内のファイルの名前を変更します。
    アクションとしてファイルの名前を変更することを選択した場合は、変数を入力して、名前を変更したファイルに接尾辞を付けます。
    ウイルススキャン
    ICAPプロトコルを使用してファイルのウイルスをスキャンするには、
    [ウイルススキャン]
    を選択します。次に、
    [ICAP]
    を選択して、
    [ICAPサーバーURL]
    またはファイルがスキャンされるサーバーを入力します。ICAPは、マルウェアがファイルで検出されたかどうかを示す応答コードを送信します。
    組織のICAPサーバーを使用します。
  3. [保存]
    をクリックします。
    別のアクションを追加するには、プラス記号をクリックします。アクションを削除するには、
    [削除]
    をクリックします。
    ファイル取り込み
    タスクがファイルを処理する順序を変更するには、アクションのシーケンスをドラッグアンドドロップします。
  4. [次へ]
    をクリックします。[ランタイムオプション]タブが表示されます。