目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. マッピングチュートリアル
  4. パラメータ
  5. CLAIREの推奨事項
  6. データカタログ検出
  7. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

入出力パラメータのルールおよびガイドライン

入出力パラメータのルールおよびガイドライン

以下のルールおよびガイドラインに従う必要があります。
  • 入出力パラメータを使用する式を記述する場合、文字列変数に文字列識別子は必要ありません。
  • トランスフォーメーションでパラメータを使用するときは、文字列識別子の文字列パラメータを一重引用符などで囲み、パラメータが文字列であることを示します。
  • 日付/時刻型のソースフィルタで入出力パラメータを使用する場合は、
    Informatica Intelligent Cloud Services
    が入出力パラメータを解決した後に受信する値にスペースが含まれる可能性があるため、入出力パラメータを一重引用符で囲む必要があります。
  • 必要に応じて、ソースの形式に一致するように日付/時刻パラメータの形式を変更します。
  • 入出力パラメータをソースクエリとして使用する場合、パラメータにはデフォルト値として有効なクエリが含まれている必要があります。
  • マッピング
    タスクをコピー、
    インポート、またはエクスポート
    すると、入出力パラメータのセッション値が含まれます。
  • リンクルール内、またはマッピングのフィールド名の一部として、入出力パラメータを使用することはできません。
  • 入出力パラメータ名は、フィールド名またはフィールド名の一部と同じ名前にすることはできません。
  • 入出力パラメータはカラム名に依存するため、入出力パラメータを式マクロで使用することはできません。
  • 式またはパラメータファイルで入出力パラメータを使用する場合は、パラメータ名の前に2個のドル記号($$)を付けます。
  • 一部の接続タイプでは、日付/時刻値に入出力パラメータを使用する場合、$$$SESSSTARTTIMEを使用してパラメータファイル内のパラメータ値を上書きすることはできません。
    詳細については、該当するコネクタのヘルプを参照してください。
  • 入出力パラメータ値は4000文字以下にする必要があります。
  • 次の条件が当てはまる場合、
    マッピング
    タスクはネストされた入出力パラメータを解決できません。
    • パラメータファイルによって、詳細モードのマッピングの入出力パラメータ値が更新されている。
    • パラメータ値が、別の入出力パラメータを含む式である。
  • 詳細モードのマッピングにある入出力パラメータを使用したソースおよびトランスフォーメーションのデータをプレビューすることはできません。