目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. マッピングチュートリアル
  4. パラメータ
  5. CLAIREの推奨事項
  6. データカタログ検出
  7. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

SQL ELTモードのマッピングのトランスフォーメーション

SQL ELTモードのマッピングのトランスフォーメーション

SQL ELTモードのマッピングのトランスフォーメーションは、他のタイプのマッピングのトランスフォーメーションとは異なる動作をすることができます。使用可能なトランスフォーメーションは、マッピングのモードによっても異なります。
SQL ELTモードのマッピングには、クラウドエコシステムが処理できるトランスフォーメーションのみが含まれます。サポートされていないトランスフォーメーションをMapping Designerに貼り付けると、マッピングの検証は失敗します。SQL ELTモードのマッピング内で使用できるトランスフォーメーションの詳細については、「トランスフォーメーション」
を参照してください。
次のタイプのトランスフォーメーションは、SQL ELTモードのマッピングでは異なる動作をします。
ルックアップトランスフォーメーション
SQL ELTモードのマッピングを作成すると、クラウドエコシステム内のクラウドデータレイクおよびクラウドデータウェアハウスのデータを使用してルックアップを実行できます。したがって、ルックアップトランスフォーメーションで接続を設定する場合に選択できるのは、Amazon S3、Azure Data Lake Storage Gen2、またはSnowflake Data Cloud接続のみです。
複数のルックアップトランスフォーメーションをマッピングに追加できますが、すべてのルックアップでソーストランスフォーメーションと同じ接続または接続パラメータを使用する必要があります。ソース接続を変更すると、Mapping Designerは、ソーストランスフォーメーションと同じ接続を使用するように、マッピング内のすべてのルックアップトランスフォーメーションを更新します。
ルックアップトランスフォーメーションで接続パラメータを作成するときに、接続タイプをAmazon S3またはAzure Data Lake Storage Gen2に設定できます。Snowflake接続パラメータを作成する場合は、ターゲット接続を選択するマッピングプロパティでパラメータを作成する必要があります。
マッピングプロパティでSnowflake接続を変更すると、ルックアップトランスフォーメーションのSnowflake接続は同じ接続を使用するように自動的に更新されます。ルックアップトランスフォーメーションでAmazon S3またはAzure Data Lake Storage Gen2接続が使用されている場合、ターゲット接続を変更してもルックアップソース接続は変更されません。
シーケンスジェネレータトランスフォーメーション
すべてのシーケンスジェネレータトランスフォーメーションは、1つのダウンストリーム式トランスフォーメーションまたは1つのターゲットに直接接続されている必要があります。
式を含むトランスフォーメーション
アグリゲータトランスフォーメーション、式トランスフォーメーション、またはフィルタトランスフォーメーションなどのトランスフォーメーションで式を設定する場合、式の作成に使用する関数はクラウドエコシステム関数です。例えば、SQL ELTモードのマッピングで式トランスフォーメーションの式を設定する場合、式エディタにリストされる関数は、Informaticaトランスフォーメーション言語関数ではなくSnowflake関数です。
式の構文は、クラウドエコシステムで有効なものである必要があります。式エディタでは、式の構文は検証されません。無効な式を入力すると、マッピングは実行時に失敗します。
コネクタタイプによっては、トランスフォーメーションの動作に他の違いがある場合があります。詳細については、『
Snowflake Data Cloud Connector
』ガイドを参照してください。