目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. マッピングチュートリアル
  4. パラメータ
  5. CLAIREの推奨事項
  6. データカタログ検出
  7. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

ランタイムプラン

ランタイムプラン

詳細モードでマッピングをトラブルシューティングするには、ジョブを監視するときにランタイムプランを表示します。ランタイムプランには、データ統合サーバーまたは
詳細クラスタ
で実行されるマッピングロジックが表示されます。
詳細モードでマッピングを実行すると、
データ統合
はマッピングコンパイルログを使用して、視覚化されたマッピングロジックを実行時に作成します。この視覚化は、ジョブの詳細で表示可能なランタイムプランとして利用できます。
次の図に、ランタイムプランの例を示します。
ランタイムプランには2つのセグメントが含まれています。最初のセグメントには、詳細クラスタで実行されるトランスフォーメーションが含まれています。最初のセグメントのトランスフォーメーションは、2番目のセグメントの別の一連のトランスフォーメーションにリンクしています。2番目のセグメントは、データ統合サーバーで実行されます。
ランタイムプランは、実行時にマッピング内でデータが実際にどのように進むかをおおまかに表したものです。ランタイムプランはマッピングのコンパイル後に生成されるため、ランタイムプランのトランスフォーメーションは、設計されたマッピングとは異なる順序で表示される場合があります。
マッピングがプッシュダウンの最適化を使用して実行された場合、マッピングロジックはデータベースで実行されるため、ランタイムプランは利用できません。
詳細モードでのマッピングの監視については、「
Monitor
」を参照してください。