目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. マッピングチュートリアル
  4. パラメータ
  5. CLAIREの推奨事項
  6. データカタログ検出
  7. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングテンプレート

マッピングテンプレート

マッピングテンプレートは、最初からマッピングを作成する代わりに使用できます。
マッピングテンプレートは、統合、クレンジング、ウェアハウス
、および業種別ソリューション
というカテゴリに分かれています。
次の図は、[新しいアセット]ダイアログボックスのマッピングテンプレートの一部を示しています。
マッピングテンプレートは、[新しいアセット]ダイアログボックスの[マッピング]タブに表示されます。この図では、ウェアハウスカテゴリが開いており、緩やかに変化する次元タイプ1マッピングテンプレートが選択されています。
[新しいアセット]
ダイアログボックスでマッピングテンプレートを選択した場合、マッピングテンプレートのコピーを使用するマッピングを作成します。
テンプレートマッピングには入力済みのトランスフォーメーションが含まれます。トランスフォーメーションの目的、トランスフォーメーションの構成方法、および使用されるパラメータを表示するには、マッピングで各トランスフォーメーションをクリックします。
次の図は、ソーストランスフォーメーションが選択されたルックアップテンプレートがある拡張データを示しています。
[説明]
フィールドには、ソーストランスフォーメーションの構成方法が示されます。
マッピングには、ソーストランスフォーメーション、ルックアップトランスフォーメーション、およびターゲットトランスフォーメーションが含まれます。この図では、ソーストランスフォーメーションが選択されています。ソーストランスフォーメーションの全般プロパティには、トランスフォーメーションの説明が含まれ、マッピングを実行するために設定する必要があるソースパラメータが一覧表示されます。
マッピングテンプレートをそのまま使用することも、マッピングを再構成することもできます。例えば、ルックアップテンプレートを使用する拡張データは、ソース接続にp_scr_connパラメータを使用します。このパラメータを使用して、このマッピングを使用する
マッピング
タスクを実行するたびに別の接続を指定できます。
マッピング
タスクを実行するたびに、同じソース接続を使用することが必要になる場合があります。次の図に示すように、パラメータp_scr_connを特定の接続に置き換えることができます。
この図は、[ソース]タブの[接続]ドロップダウンリストを示しています。接続「SFDC」が選択されています。
マッピングを保存すると、テンプレートのコピーが保存されます。テンプレート自体は変更しません。
テンプレートマッピングを詳細モードにコピーできます。マッピングテンプレートは、SQL ELTモードのマッピングには適用されません。