目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

2番目のソース

2番目のソース

データ転送
タスクを設定する際には、ルックアップソースとして使用する2番目のソースを追加できます。
[2番目のソース]
ページでルックアップソースを設定します。
タスクは、指定されたルックアップ条件に基づいてルックアップソースをクエリし、ルックアップの結果をターゲットに返します。
ルックアップソースからの関連する値でソースデータを拡張する場合は、2番目のソースを選択します。例えば、ソースは顧客IDフィールドを含むオーダーテーブルだとします。ルックアップソースから顧客の名前と住所を取得して、それらをターゲットオブジェクトに含めることができます。タスクによって、ルックアップソースからすべてのフィールドが返されます。
パフォーマンスを最適化するために、タスクはルックアップソースをキャッシュします。キャッシュは静的なままであり、タスクの実行時に変更されません。タスクによって、タスクの完了後にキャッシュファイルが削除されます。
ルックアップソースのデータをプレビューできます。プレビューは最初の10行を返します。行をアルファベット順に表示するには、
[フィールドをアルファベット順に表示]
を選択します。
データ統合
では、実際のソースの行の順序は変更されません。プレビュー結果をCSVファイルにダウンロードすることもできます。
ターゲットに書き込む前に、両方のソースからのデータをフィルタすることもできます。