目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

ソースフィルタ

ソースフィルタ

フィルタ条件を適用して、ターゲットに転送するソースデータをフィルタリングします。
次のタイプのフィルタ条件を適用できます。
簡易
ソースフィールドを選択し、フィルタに使用する演算子と値を設定します。
複数のフィルタ条件を定義すると、タスクによって、指定した順番で条件が評価されます。マッピング設定タスクは、AND論理演算子を使用して各フィルタ条件を評価し、条件を結合します。返されるのは、すべてのフィルタ条件と一致する行です。
詳細
式エディタを使用してフィルタ式を作成します。すべてのフィルタを含む1つの式を入力します。式では、ソースフィールドと組み込み関数を使用できます。
詳細フィルタの詳細については、詳細データフィルタを参照してください。